やる夫まとめに挑戦

【R-18】黒猫は氷の微笑を浮かべるようです【Day.11 -10-】

    合の手 オン 雑談 オン         

 - シュマリ ◆zQrF8VDB4U

1767 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/07(日) 22:05:01.03 ID:ZEu6sX+f

             _,.-―‐―-、_
            ,ィ',.'¨i/i,ィ,i!、!リヾヽ
           ,'::i.、 '´′" `` .ゞ.i
           |::ゝi,.-、   ,-、__i'、.i    
           _|/:::;::-:、.  , -、 ゙、|.、   
          (^,i゙'(   )=(   )'´i^) 
          ヾ,|:::::゙ー≠ ヾ:ー'" ,. i'ノ   こんばんは、所要さえなければ、明日の22時より
            i:`::::...::i " |  ´ ,i    11日目リザルト部及び12日目導入部を投下いたします。
            ヘ;::::、__`_´__, .、メ    
            i!il:::`¨¨¨¨¨´、/||     あまり長くはありませんが、二つ、選択肢が出現する予定です。
            |i!ili!i、.__._.メ"|
            ノi!ili!ili!ili!':::::::,' 'ヘ、     明日、よろしくお願いします。
        _,.'ヘ'、´::::::::゙ヽ::::::::: /   `メヘ 
     .;'´三三三≡=========≠三三三ヽ.  所要がありませんように……。
  _,ィ'"三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ、
  ノ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヘ

1768 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/07(日) 22:09:00.12 ID:ZEu6sX+f

1766 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/08/03(水) 20:36:34.68 ID:E90XDCMq
乙です
快楽に支配された光のシーン…溺れた姿エロかったです
いやはやリンク、木下、性具と随分と性的に濃い1日に


            , -  、
           /ノ_^'^_)ヽ
          rl( )'Y ヽ」   そして多くの乙、ありがとうございます。
          Y、└ ` '/)
          ヽ`  ̄´ィ    
         rイ: T`r´‐'l
         /:::レ/ノl, -べヽ、   >>1766さん
        r/:::/;;ソ::::::::::/::::::|   エロかったとのお言葉、ありがとうございます。
       /:::::/;;/:、:::::|':::;:::::::)   11日目は、朝から晩までほぼエロスな日でした。
   ,-、__ィ/:::::/;;;l:::::`ヽ)'::/--ゝ´  いえ別にその意図は、三分の一くらいしかなかったのですが、
  rノ ,  /::::/;;;/::::::::::::Y:::r‐‐、!   選択とダイスの結果で、すごいことに。
  (/ク, //:::::l;;;;;;|::::::::::::::rヘ   ヽ   まぁ今回のようなことは、中々ないと思いますが……(ピコーン
      l:::::::|;;;;;|:::::::::::::::::l::::ト、 \rへ_  と、ともあれ、今後も頑張りますので、よろしくお願いします。
.      l:::::::ト、;;|:::::::::::::::::::l:::| ヽ _ ヽ_  
       へ、|ヽ「::::::::::::::::::::l:::l  ヽノフr'´
..      T ヽト-、__-、_」
        |   ',      |
          '.  'l        !
       ヽ、  l      |
        ヽ::  l      |
         {:::::::::',     }
         /:::::::::ヽ    l
      , - へ、__」    }
     (___...、)コ   ハ
            )-'´ ィ
            ,r--' ´/
            |  ̄`ノ
            ヽ '´


1770 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:00:42.09 ID:nDZSeBwc

: : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄: : : : :~""''': : . ‐- ...,,_` <___//___/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: ., ` 、/___// .:⌒)、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶  \  //_(⌒:. ..:)
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_ _ : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ハ  ヽ/___`¨´
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :t"  `i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }__}___./___//___ , - ' ´ `ヽ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :t,、__,. ! : : : : : : : : : : : : : : : : :: : / ̄ ̄i|: //___//_ , '       ',
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , ゙   /{ ./___//___;         )、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :, '    / |____//___/',         ;
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /   , ゙  .{..._//___//_' ,       , '
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : > '    .イ    .イ::://___//___ ` ‐-‐'´‐-‐'
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :> ´   > '    /_//___//___/
: : : : : : : : : : : : : : : : __,,.. .-‐ '''""~ \、,.  '''"    .  ' //___//___/
三二ニ≡=≡ニ二       _,..-'''" }!     >'.._//___//___/
三____三二ニ==-   ´       |!   >'.____//___//___/
                      _,..-'''"..___//___//___/
             ,,.. .-‐ '''""~._.//___//___//___/
~""'' r'⌒ヽ.==≠´:.__//___//___//___//___/
//(´: .. .:.`) .___//___//___//___//___/
/_ ゝ,:..  ノ__//___//___//___//___/
   //___//___//___//___//___/
___//___//___//___//___/




                          _
                       _ -= ¨    ̄ ー一、
                      /. : : :          i |‘,
                       /.: : :_:_       .. : :  l !  、
                ///////≧===-‐=、 : : :  !.!: : :\
                   〈/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: : |.! : : : : :}  _
                /::::::::::::::::::::::::::::::i::| :::::::::::::::::\:/:.: : : : //
                / :::::::i::::|::::| :::::::: i∧:::::::i::::|::::::∧: : .: : :/
    ,. -≠'''"'ー     !::::::::::|::::|::::|:::::::::i:| |:::::::|::::|:::::|::∧ : :ィ′
   /            L:::l::⊥土士::::_」リ L:::土士__!::::::: i::|       はぁー……
  ';:;''         .,.:;:,.:.:;::  |:::::::|‐.tェ-rミ     ≡r-t‐r.|::::::::: |::|:-. ._
;.:.:/        ,:;:;:''    | ::::::. 辷ノ       込.ノ..::::::::::::|::|: . : .`: .
 ;.,.;:'      ,:;:;:;:;:,      |:i::: i| xxx  、      xxx |i:::::i :::|::|_ニ_:_. : .
.;' '"    .,.,:;:;:'''"''ヾ      リ!_:八             .八::ノ‐r'::|    ̄ ̄
                     |::::::丶    r -、   ,イ:⌒,ー个::i、   __
      ,..;.;.;.;:.       "'''´   |:::::::::::个ト   ̄  イ ,l:::::::::::::::::::::::ヽ=≦77/
    "´´ ´'           /::::::::}ヾ/、 :|:.:     /:::::::::! ̄ヾ:::::::::::::≦二
  _,.     _,. -z三 ̄ / ::::::::::!'   \!  -‐ ./ :::::::::!  u Y::::::::::::::::斗
´    ´ニ -= 二二   /:::/l:::/  u         /:::::::::::::|   |ヾ≠ァ
     '          /:::/ ト/;ハ.         /:::/'|:::|ヾヘ /!   _,./
           //'/   i//{/ ` ー-  ./:::/-‐!:::i‐ ヾ三.i=ニ._ ̄`ヽ
             {/廴{  /!´;/ヾ;,、   ,  /:::::〈_   \\__ !   ノ\
          _      ̄ ヾ/   ! i{ ノ;i;}  i  ヾ::::::::!ハ   | `ヾ ̄i`ヽ
       /´,.       ' ヾ / 八"´    、 ノ}/ /'′  !     !
     i {           /  :!゙        ′   ,|
      \\       /    |            / |   |    /
       `  ー =- _ノ_  i _          / .|    |_  "
          _   )    ノ           -─/ ¬  ̄ ',
        /    ` <   /               i   i    i
        '        >‐━‐- _   j         !    i     |
 -‐     ′       , ′      \   /    ',   ',    !
    、 /      /           \ '        ‘,   |    ',  / ̄';
    ヽ    _  i            ,: 、        }   ヽ.   У .:_,.:';='"
 ー  i   ̄    ト _        /  ‘,     /  _,} -=". : ´
    .|       |     ̄ ̄       ‘,_  -'"´. : . : .:: : . . : . : . . .
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 瑠璃は湯船につかると、湿度の高い空気を吸い込み、大きく吐き出した。

 風呂には何度も入るのだが、閉店後の入浴は、接客中のそれとはまったく違う安らぎを与えてくれる。

 今日もなんとか、乗り切ることが出来た。

1771 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:01:57.22 ID:nDZSeBwc

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ||::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⊥|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./´ ヾヽ/ ̄\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::,‐-、::::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::   んっ……
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::./   / .|   i / ̄ヽヽ:::::::::::::::::::::::::::::|:::, -‐ 、 /,-‐-、∨|  ヽ::::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.∧___/ .|_  丿 |   | .|,-─-、 , -‐-、/ /^ヽi |    | |   .||:::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::
::::::::::| \、:::::::::::::::::::::::::::./     /  ̄  |、___,! .|/ ̄ヽ∨/ ̄ヽ| |   | ヽ__,!.| `─´ |  ._从_,,ィ ,/::::::::::::::::
::::::::::.|  . ゞ、_从_::::::::./     /     .|     .|   | | |   || ヽ-‐´|     |     |.. ̄ ̄ ̄"''=:、て_,,...|
:::::::::: | ア,:=''" ̄ ̄ ̄..     /     |     |`─´ | `─‐´|     |     |     |     | |.ヾ〈´__
.::::::::::て::/   ,-、.、 ,/     /     .|     |    |     |     |     .|     |    / | | ( ̄ ̄
.. . ̄) {  ...| | ヽ/     /      |     |     |     |     .|      |     |/丁i  .,ノ:( ̄
|.=''''^ヽ'、.. .|_/  /       |      ,|     |     .|       |      |      |     |  | ..='''"⌒\ 
.|  . /⌒`''=一../      |      .|     |     |     |       |       .|     |  `-|  | /  バチャ!
..ヽ    ヽ./  /:!      |      .|     |     |     |     |        |__/|   ヽ |/
 ヽ    ./  ./                                                                    
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 掌で湯をすくい、顔を洗う。ふっ、と息をつくと、ぽたぽたと水面に水滴が落ちた。

 殺菌と肌の保護。双方の効果があるという入浴剤はしかし、湯そのものを濁らせたりしない。

 澄んだ無職そのままで、浴室の蛍光灯を反射している。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 _.......:―――:........_
              ,....:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::...
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                /::::::::/::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /::::::::/:::::::::::::/:::::::::::|::::::::::::,::::::::::ヽ:::::::::::.
              '::/:::::|::::::::::::/::::::::::::::}!:|::::::::|::::::::::::::∨::::::::.
           ':/:::::::|:::::::::: |:::::::::::::/ ::|::::::::|::::::::::::::::|::::::::::|
           ||:::::::::|::::_:}|_:::::/ リ{::::::::|___:::::::}::::::::: !
           |{:::::: ィ´ ̄   ̄ ´     ̄´  ̄  ̄`l::::|:::::|!  ……
           |::|:::::::|下笊r芹ヽ    イ芹r笊下:::::|:::::|:.
           }::|:::::::|  とこソ       とこソ }l:::::;:::::」::.
            /::,|::::::ム :.:.:.:.:.:.:.:    ,   :.:.:.:.:.・ /:::/:イ:::::::.
          /::/ |::{\」                   /イノ:{ `ヽ:::::
         ,:::,'  :::|!::込、      __      /「::::::|   ∨::..
          /:::{  l::∧:::::| >      ´`      </!::::: |   }::::::::.
       /:::::::. j/   ,::{ ',`ヽ`    __    ´ ,.. 'l/::∧|   |::l::::::::.
       ,::::::::::::∨   从 ,  `ヽ   ,..: '´   {/::/  \  ,::::|::::::::}
        {::::::::|:::::.      l} ,            /::/     ∨::::|::::::::|
        |::::::::|:::::::.    /  }    ,:.     /::/       ;:}:::: |::/!::|
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 だから俯けた視線に見えるのは、揺れる水面に映り込んだ天井と、紛れもない自分自身の顔――『瑠璃』の顔だった。

1772 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:03:54.14 ID:nDZSeBwc

                     -─……─‐-
                .......::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
               .:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
           .// :::::::/ ::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          // :::::::/:::::::::: /::::/| :::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::.
          7¬iト|L::::::メ{:::/ :|::::::::::::::|::::::::::::::::::: |::| ::::::::::::: ::::::::|
            /::::::│ テ=ミ |/  |::::::::::::::|::::::::::::::::::: |::|:::::::::::::: |::::|::|   (今夜のわたし、どうだったんだろう。
            ,::::::/:::|:|l r::ノ| ヾ  |/|::::::: メ::::::: / :::::: |:::::::::::::::::::|::::|::|
.           ::::::::::::リ  Lソ      ̄二\_/:::::::::://:::::::::::::::/ ::::::;    評判、悪くなっていないといいけど……)
         |:::::レ'7//       ¬テミ \:::://:::::::::::::::/::::://
         | :/ ;     ,         r:::::ノ刈  >:::::::::::::::::/::::://
         |/  i{            L.ン//::::::/:::::::::::::://
                    ///./::::::/:::::::/::::://
                ヽ         ∠二∠::::__/}::::://
              \            ー _/::::://
                 _≧=┬……   ⌒iT¨´::::: /:::::;′
               〃/ /|   __,,. -‐‐||:::::/:::/:::::::
              / / 厶ヒ|≦       | ::/:::/::::::::;
               /_,/>イ|          /∨::::::::::::|::i
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そんなことを思う。果たして昨夜の自分は、『黒猫』でいられただろうか。そして、『黒猫』で良かったのだろうか。

 今日の客数は、1+【1D4:3】-1人。

 だが、この数字はあまりアテにならない。まだ常連がいるわけではない瑠璃には、増減の指針がないのである。

1773 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:05:23.11 ID:nDZSeBwc

             _,..-―‐-...
         ....:::::::::/:::::::::::::::::::::::::...
       /:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
      ,.:::::::::;:::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.      /:::::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::..
     /::::::::::::::V::::::::i|::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::∨:::.     (どっちにしても、次回以降も試してみないと。
    .:::::::|:::::::::::V::::::||::::::::::::::|::::::::::i::::::i:::::::::::∨:::.
    |:::::::|::ヽ::::::::::::::||:::::i::::::::|:ハ::::::|i:::::i:::::::::::::V:::::.    今回だけじゃわからないし)
    |:::::::乂_{\:{\|乂:|:::::_jI斗匕トミ::|::::::::::::::|:::::::::.
    |:i:::::::マ扞允ミ  ` ̄r允扞マ V::::|:::::l:::|:::::::::::\  
    圦:::::从 V゚_j:}      V゚_j:}丿 仏ィ:::::/:::|:::::::::::::::::::.....
     }:ヽ::::{\`¨      ¨´・ rシ厶イ ̄:::\::::::::::::::::::::::......... ___
      ̄`刈、""   ゙      "" /-く:::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        乂/\   ー-    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::
          ,   > f¨ヽ_,. <トミ:::::_jI斗-ミ::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::
.         {     rそ⌒ヽ   { >'"      ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::
        \__,./ ̄ ` ` | /          ;:::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::::
      / ̄ ``{_T    |             /\:::::::::::::::::::::::V:::::::::::::::::
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 リピーターのいない今の段階なら、それなりに試行錯誤も出来る。『黒猫』でない方がいいのなら、元に戻せばいい。

 もっとも、試行錯誤出来ることを喜ぶべきかという点と、何が『元』であるのかは、瑠璃にも正確にわからないが。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                _, -‐ ´
                           _, -‐' ´             (でももし分かるんなら、
                           , '´                  評判とか、お客様の独り言とか、
                     _ ,/            _       すずかさんに聞いてみてもいいかも。
                   /´         ,  -‐ ´ ̄
                      / /        l                防犯ビデオがそこまで拾うんなら、だけど)
                /   l    , -   ,'
                  / 、_ノ   l'´ 、―‐ '
                /  ,イ ,'   ,l  l
              / .〃 /   八  .l
            / ノ / く_ イ.l | /
            '-‐' ./ /   l /  ヽ' ツツッ…
                  く_ノ      ̄
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 なんとなく、指を風呂の縁に滑らせながら思案する瑠璃。

 大理石のようにしか見えない湯船の縁はしかし、怪我をしないように、特殊な硬質ラバーで造られている。

 その感触が妙に手に馴染み、ついつい触ってしまうのである。


1775 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:07:20.08 ID:nDZSeBwc

                ... -――――- ...
              ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
          / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
           / :::::::::::|::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::.
        ′:::::::::::|::::::::::::|::|::::::::::::::::::l::::::::::::::::|::::::::::::|::::::::|
         |::::::|::::::::|::::::::::::|::|::::::::::::::::::l::::::::::::::::|::::::::::::|::::::::|
         八::::|::::::::|::::l:::::::|::l:::::::::::、___|l___::::::|::::::::::::ト:::::::|
            `ト::::土士_八从::::::::::::::八::::::::`::l::::::::|:::| |:::::|  (あ、この辺り……)
           |:∧ ィ乍亦ト   ̄ ̄ァ乍亦i^l¶:|:::::lノ 八::|
           |:::∧ 乂ソ       乂_ソ ノ |:|/_ /::::|::|
           |:::i::::. i/i/i  、     /i/i/i/゚ノ'r一 ' :::::|::|
           八ハ从________  ,イ_::::::::::::::|::|
.           「i「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||/人\:::::::::|::|
.           |ii|  _              ||/    \:: |::|
.           |ii| ,/ )             ||    / ̄ ̄ ̄>、
.           |ii| / /             ||     /    /
.           l/_/_                ||   /     /      ',
.          /  ―‐ヘ              || /    /      |
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そして、ふと気づいた。
 
 いま指を這わせている辺りはちょうど、バイブレーターを使われた時に――オネダリをしたときに、身を預けた場所だ。

 そう、確かこの辺りの縁に胸を押しつける感じで、床に膝を立てて、
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二


              レ' {/////     。 /:::::::::::///::::::::::: |
                  ハ 、_   ////イ::::::::/ )'::::::::::::::::|
                    /´  ̄ ` ー ィ― .、.´ _ノ:::::::::::::::::::|
                 イ             ̄Y゙ハ::::::::::::::::::::::::|
                   :'.       ′    .|::::::::::::::::::::::::::::::',
                 '. `__.、 |     u '.::::::::::::::::::::::::::::::',.――- 、
                  ハ   `.|     /::::,イ::::,ハ:::::::::::::::::ヽ     \
                      }  /::|     /.:::://:::/  V:::::::::::::::::\    丶
                       /../:: |    ′ ./::::/   ヽ:::::::::::::::::::::\     '
                      r.'´//.!    |  /::::/._   ∧:::::::::::〈\::::ヽ     、
                 /:::/{, '::: |  .、{.//    ` 、. }:::::::::::::ヽ ヽ::ハ..    \
                /::/..` .>/    \.       .`i:::::::::::::::ハ }::::::|. \     \
                    {::/ /:./ .{.       ヽ.       l:::::::::::::::::'、j::::::}    Y   '
                    {::レ/   !        '..      〈l:∧:::ハ:::}ヽ::::::}   ./     |
                    У    | { {  {  {、 '.     ..,j:| }:ノ |:j }::}'´ /. イ    |
                 ゙ィ     .| ヽ \ \ \|._    、.jノ ノ' ノ' _ノ´  _(/ノ / ./ 八
             //       |  }\.\ \ }    、.\ヘ       (__. イ ./ .ハ{\
           ・:/ //      ノ_ノ  \.\ノ`.    八:.:.:.人       ゝr--- ' /  マ ヽ
        ., . :´ : : {//  u.             Y      }. 个lヘ`         ゝ--- ´    マ. '\
      , : ´: : : : : : :〉′            /      ノ、 r,ヘ                    マ. } : \
  .....,. :': : : : : : : : : : ′                    イ  /リ \                   ∨ : : : \
 ,. :´: : : : : : : : : : : : {                   . - 、_ ノ:〈_ - 、                 /: : : : : : : \
 : : : : : : : : : : : : : : : :'.              .   ´       `´     \          ./ : : : : : : : : : : : :、
: : : :_:_:_: : : : : : : : : : :.‘,      .  ・ ´                  `   .      ./: : : : :: : : : : : : : : : :.丶
 ´: : : : : `: : 、: : : : ; : :ゝ--‐ ´. : ´:.ヽ                        ` ー<: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
.: : : : : : : : : : : ` :<     /: : : : : : '.                                ` : : : : : : : : :: : : : :_:_: : : : Y
: : : : : : : : : : : : : : : : :`¨:¨/: : : : : : : : : :                              /⌒\_:_:_> :´ : : : : : : ノ
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./.: : : : : : : : : : : }                               /: : : : : : : : : : : : : : : : : :/
、 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.八                         /: : : : : : : : : ノ/: : : : :./


二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二

1776 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:09:03.73 ID:nDZSeBwc

              |:::::::::::::::::`       /////  ,::/:::::::,,´   ./l:::!:::::::.,::::::::::::::::::::::::ヽ::,
             l:::::::::::::::::::::.,!           //:,,´    , ' l:::l::::::::::.,:::::::::::::::::::::::::ヾ    っ!
            ;:::::::::::::::::::               ' ´        , !::l::::::::::::.,:::::::::::::::::::::::::::ヽ
              ;::::::::::::::::::ヽ               /  ,,' ;::::,\::::::::..,:::::::::::,,,-'´'  ̄
               ;::::::::::::,,'´ ヽ    _....-      /  /     ;::::, ,:'ヽ.、__,..'´'´
                ;:::::, '´    >..         ,イ、  ,,'´     ヽ::\......'´::/
             V       l::::::>   .<:::' ー         ' ` ー‐'´
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ついつい思い出してしまった瑠璃の頬が、燃えるような勢いで赤くなる。あれは、まずい。あまりにも大胆になりすぎた。

 あんなこと、リンク相手にもシタことがないし、スルことを想像しただけで、羞恥で心臓が爆発しそうになる。

 あの時は『黒猫』モードだったとは言え、よく出来たものだ。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ′′:::::::::::′:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::|
                |::::|::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|::l::::::::::::::::::::::::::|  
                |::::|::::::::::::: |:::::::::::::::::::: / |::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|::|::::::::i:::::::|::::::::| 
                |::::|::::::::::::: |:l:::::::::::::::::::| |::l:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|::|::::::::|:::::::|::::::::|   
                |::::||::|::::::l::」:L___」 |::|::::::::ー――‐l--:::::::::::|::|::::::::|:::::::|::::::::|   (わたし、なんで、あんな……。
             从儿川八从:::::::::::::::::」 八{::::::::::::::::::::_从:::::::::::::::|::|::::::::|:::::::ト、:: |   
              |:::l::::::. ァ竓苧芹ミ   ̄ ̄ x竓苧 芹ミ ̄ |::::::::|:::::::l  i::|    で、でも、あんな風に焦らされたら、
              |:::|:::::∧ 人乂::ソ         乂:::ソ ノ  |::l:::::|::::::」〉/: |    しょうがないし……。
              |:::l:::/::∧ /////           /////`` ・リ:リ::: |/) /:::::|   
            「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|厶ィ^~/::::::::|   それに、お客様が喜んでくれたから、
            |                           |イ`¨¨|:::::::::::::|   そういう意味じゃあよかったの、かも、
            |                           |∧:::::::|:::::::::::::|   だけど……。
            |                           l/∧::: |:::::::::::::|
            |                           l  }::::|:::::::::::::|    もしかしたら、また……)
.         ___|____                ________|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /       --ク               (ー‐       `ヽ
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 あれから焦らされることを思えば、仕方がなかったかもしれないし、何より客がとても喜んでくれた。

 とはいえ、一度オネダリをした以上、あの客がまた来れば、似たようなことをしなくてはならない。

 何か特別な理由もないのに今回は出来ない、と言えば、客が離れてしまうかもしれないのだから。

1777 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:10:25.96 ID:nDZSeBwc

                       。s≦::::¨:≧s。
                         x:..´:::::::::::::::::::::`ヽ:::ヽ
                   /::::::::::::::::ヽ:::\:::::::‘.:::‘.
                      /:/::::::::::::::::::::::‘:.:::‘.:::::::∨:‘. ..
                 . '::;'::::::::::i!:::::、{_::‘、_:!:::::::∨:‘. 
                      !:::!:::::::::::}!>' '芹笊! |:::::::::∨:‘  (そういえば、これもどうしよう……)
                  }::::ヽ;x≦、    ∨ノ.!:::::::::::∨||
                  |_:/: :笊rj  :::::::::::::::}::::>,::'::::!
                   ‘:::∧:::`      /'xイ:::::::,:ハ
                   ‘;:::ハ    -     !、;> ¨ヽ
                    |::/‘,≧s-イ     / 、    ‘.
                       ‘.:ニ/ ,.へ'ヽーヽ.   !
                      .:'> ´ ,:' },ハ     ‘.   .
                    r.::´    ;  .::r{     !   `
                    .'      :   ``ヽ   ヽ    ∨
                   八    ,   ヽ    ‘.   \  ∨
                    i`      ヽ` - '∧    `<‘.
                 .。s≦}   ,'           ∧    ヽ!
             .。s≦:::::::::::::::!            ':::::ヽ    {
           /:::::::::::::::;:::::::::/           /:/:::::::::≧s。_/




            __  _
      ,..     ,'..┐ }_/  >、 /^ヽ.         / ⌒ \
     { }~~~~~~~~ ′ l7  /  }:7  ヽ ̄。 ̄。 ̄ ̄       \
     { }: : : : : : :v'   "   {   レ’ / 。 。 。         丿
     { }: : : : /         ‘ ,〃_。_。_。____.__/
      ` '~~~~/          ノー
.          /         〃- =彡
         /          /
      /        7´
.     /      /
.      .′      /
     /      .′
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 連鎖的に思い出し、瑠璃は洗面器で覆うようにして隠しておいたバイブレーターを持ち上げた。

 この春夏秋波では、衛生面の理由から、客持ち込みの性具を使うことは禁止されている。

 使いたければオプション料代わりに新品を購入する必要があり、そしてその代金は決して安いとは言えない。

1778 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:11:48.26 ID:nDZSeBwc
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 またそれは、性具を使い回せないということも意味している。要は使い捨てなのだ、この店における性具というものは。

 それゆえ、瑠璃もあの客が来るまで、性具を使われたことがなかったのである。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     _........-──-......._
                 ......:::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::...、
               ..::´:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               ,.:´::::::::::/:::::::::::/::::::,..':::::::::::::::::::::::::、:::::::::`:..,
              /:::::::::::::/:::::::::::::,.':::::::::,.':::::::::::::::::::::::::、::::::ヽ:::::::::::ヽ
.              ,:::::::::::::::/:::::::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::ハ:::::::::::ハ
           ,'::::::::::::::/::::::::::::/:::::::::/::::::::::::::/::::::i:::::::::ハ::::::ハ:::::::::::::,
             :::::::::::::::,.::::::::::::/:::::::::/::::::::::::::/::::::::l::::::::::::::!:::::::::::i::::::::::::i
           .::::::::::::::,.:::::::::::,'::::::::::,.:::::::::::,::/::::::::::l::::::::::::::ll:::::::::::l:::::::::::::!
           i::::::::::::::l::::::::::::l:::::::::,':::::::::::,'!,'::::::::::::l!::::::::::::l i:::::::::::!::::::::::::!
            l::::::::::::::l::::::::::::l:::::::::l::::::::::_'!l.l__::'l::::::::::::' l:::::::::'!:::::::::::l
            l::::::::::::::l::::::::::::l:::::::::l::::::::´l ! l:::::::::::'l`::::::::::'  !:::::::'l::::::::::::'  
            l::::::::::::::l:::::::::::,!、::::::l:::::::::::l 二二::/ム..... ' ィチテi 、__./   
             |::::::::::::::l:::::::::'  ';:::└‐イ´ト::::::;;;::リ`.      i::;:ソ ,:::::::l   (今回は置いていくよって、言われても……)
             |::::::::::::::l:::::::::.  ;::::::::::!ヽ乂::::::ソ      ` '・ .:::,::::!    
              l:::::::::::::::l::::::::::.、  '::::::::l     ̄      , /// ,::/!::l   
.            l:::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ..、ヽ_! ////           ,-'.〈/     
           ,::::::::::::::::l::::::::::::::::::::' ヽ         _    イ:::!
          ,:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::'   >..     ー ’ .イ:::::_::l
            ,::::_::::::::::::::::::::::::,,i'       >....   < ̄ヽヽヽ‐ 、
        ,..、'´、 、三≡≡≡ニl           i'l三三三三! 〉=!//.i
       f//∧ヽ.ヽヽ三三三三l          l !三三三=i ,'=,'///.!
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 これを使った客は「今回は置いていくよ」という言葉とともに、瑠璃に渡して帰っていった。

 客も、こんなものを持って帰っても仕方がない。となると店に処分を依頼するか、娼婦に譲渡するか、ということになる。

 結論、瑠璃はこれを贈られた、というか、押しつけられた、ということであった。

1779 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:13:00.40 ID:nDZSeBwc

.        |::::::::::::\‐-:、_::|  /i/i/i         ,         ・ /::::::|:::::::|
.        |:::::::::::::::::l:::::::ヽ   u              /i/i/i /'´`/::::::/
.        |:::::::::::::::/::::/:::::\                 ノ::| ヾ―′
          /:::::::::::::/::::/::::::::::仆          ´ `     イ:::::::|       ……捨てれば、いいんだろうけど。
       /:::::::::::::/::::/::::::::::::ト、 >          _ <:::::|:::::::::|
.      /:::::::::::::/::::/::::::::/| \    >―- ≦::::::::::|::::|:::::::::|
     /:::::::::::::/::::/:/:/: : :|   `ー- _   人:::::::::::::|::::|:::::::::|
.    /:::::::::::::::_,,.-‐''、: : : : ヽ       .∨⌒∨|: : : - .._::::::::::|
 ,,.. .-‐ '''""~ : : : : :| : : : : : : ヽ、   /\__/ ヽ: : : :: `l: : : ゙''ー-、,
/: : :\ : : : : : : : : : : : :| : : : : : : : : ヽ、././l lヾ ヽ: : : : :| : : : : : : : }
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 すずかから『とんでもない贈り物の時は相談してくれ』とは言われていた。

 とはいえ、違法品であればともかく、コレなら処分を勧められる程度だろう。実質どうするかは瑠璃に委ねられている。

 無論、瑠璃としては別に捨ててもいいのだが、

1780 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:13:22.70 ID:nDZSeBwc


二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二

      _ ノハ/:::::::::::::::::::::::::::|`ヽ::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::∧
     {ヽv'ミl::::::::::::::::l::::::::::::i  \::::::::::―:::、:∧::::::::∧                 
    `i込ト〉:::::::::::::::!::::::::;:::l u.  ヽ::'::::::::::::::::::l::::::::::∧
      ゞ_ソ::::::::::::::::|ヽイ::::::〉     `ィzzzzz7::::::::::i::∧       イくっ! イきますっ!
        7::::::::::::::::::i/`ー ´、     _弋ツ,っ::::/゙Y∧               
        l:::l::::::::::::::::〉   ___  //// /:::/_ソ /:: ∧      わたし、もうっ、イきま……ああああああああっ!
      /l/i::::::::::::::/c,イ´ ̄`/ 、 //// ゝノ:::::::::∧
    /::/ i' |:::::::::::/ヽ }{///  , ─ 、  U i´:::::::::::::::::∧   
  /:::::/   .|::::::::/:::::::::\       {:) ( : :',    ,::::::::::::::::::::::::∧    
  l::::::l    ∨:/:::ヽ:::::::::::\u.   ゝ :_:ノ  /i:::::::::::::::::::::::::::∧
  l::::∧    ∨::/`ヽ::i `ヾ> 、 _}.{_ ,イ   ∨::::::::::::> ´   `ヽ
.  ヽ::::::> 、_ /    `     ̄ `ー 、__  r ― ‐ ´
     ` <:::/   u.    , r=、´  ̄  、      ー  -、.       ∨
         ,      `i , ´        ヽ          `ー ュ ∨
                /                           ∨ ∨
          l      .{                 、 _       , ∨
                ト          , '          ヽ     i  ∨
                l ヽ                      ` 、   '   ∨


二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二

1781 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:14:21.09 ID:nDZSeBwc

                 |:::::::::::::∧         //// /::::jL/ r‐::个::::::::::::::::::::::|
                 |:::::::::::::///           厶イ   イ ::::::|::::::::::::::::::::::::|     ……
                 |::::|::::::::::::::.  丶                  |:::::|::|::::::::::::::::::::::::|
                 |::::| ::::::::::八                      |:::::| :::::::::::::::::::::::: |
                 |:::::::::::/  |>、     ー―-       /     |:::::|::::::::::::::::::::::: 八 ゴクッ…
                 ∨|/   |:::::::::....              _, -‐|::::八::::\_::::::::::::::::\
                          |::::::::::::::|>     イ   '´     ∨\>‐:::::::::ア¨¨¨¨ニ=-
                          |::::| :::::::l八::::::T〔:::;:∧/       \_:::_彡'´
                          |::人::::::::\\::\:「刀         / /
                       八:::::\::::::::::::::ン/∨ヘ.         /  ,′         
                        / ̄厂 ̄` ー=彡/ ノ ∧      /    /
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 別に、捨てなくても、よいものではある。



【選択肢】
1:朝の奉仕を思い出す。バイブレーターは確かに快楽を与えてくれたが、温もりが感じられなかった。廃棄する。
 結果①:性的欲求+1d3
 結果②:【リ??カウンター】+1
 結果③:娼婦の手管カウンター+0.5

2:バイブレーターは快楽を与えてくれた。そしてコレを使えば、もっと感じやすくなるかもしれない。もらうことにする。
 結果①:理性-1d3、性的欲求+1d5
 結果②:常連カウンター+1
 
 

 下2の間 1d100を添えて選択。1d100が選択判定値『1d100』に近い選択を採用(雑談除く)
 選択判定値については時間経過または選択レスが出そろった後に決定する。

1782 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 22:15:35.77 ID:2tRauJZw

【1D100:67】

1783 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 22:16:22.15 ID:D7sjN+4e

【1D100:22】


1784 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:17:19.53 ID:nDZSeBwc
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【システムメッセージ】選択レスがいずれも1であるため、自動的に1が選択されました。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |:::{\::::::|           ,          ・/:イ::::/T´:}
         ,::::::\\:! /////         ///// /' /イノ イ:::: !   ……
         /::::::::::::;ー:.                         /-::'´::|::::::|
        ,:::/::::::::/:::::込、         __ __          イ::: !::::: |::::::|
        ,:::/::::::::/::::::::_,>                  <__:::::|:::::::|::::::{
         /:/::::::::,> ´     |>            <     `ー ァ:::::::.
      /:/::::::://ム       { {^ヽ, `  - _´rイ} |        )ヽ:::::.

1785 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:18:03.27 ID:nDZSeBwc

二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二


                   ........-....――....-......、
               ,...:::´::::::::::::      、    ` 、                「これ、黒猫ちゃんにあげるよぉ。
                  /:::: ..i.......::::i:::::::::::::';::::ヽ:::::::::::::::... `.、
               , ' ...::::::::::::!::::::::::!:::::::::::::::',:::::::';:::::::::ヽ:::::::..`、             さっきも言ったけど、新品だったし、
           / .:::l::::::::::|::!l:::::::::|::::::::::::::::::';:::::::';:::::::::::';:::::::::. ',             使い回しも禁止だしねぇ」
              /i:/:: !::::::::::|::!.|::::::::!、::::::::::::_:_:|!、:::.i ::::::::::';:::::::::. !  
          i |:l::: |:::::::::|:!ヾ`、 -``ー,‐,´=- 、 ̄!::::::: !::l:::::::::: !             
          | |:|::: !l,.-''''_三     r' r弐  .l`.l:::::::: i:::l::::::::: !   で、でも……
             レ:´::l. ィ´r弐`     込リ ノ !:::::::: |:::!.、:::: |
              ̄`ー', l 込リ        ,,,,,,゚/:::::::::: |_,!`i:::: |
                //:::i ,,,,,   、        //::;: -‐' ,. ノ::::l.!            「いらないなら捨てていいからさぁ。
            //l:::::|              ' '´    ´,.'::::::::|'
            |.|;:!:::_ヽ    ,   --     u ,イ:`´::、::::::::|             でもこれで慣らしておくと、ナカで
              .! リレ'  、              / .!::| :::::';:::::::|             気持ちよくなりやすくなるよぉ?
                   ` 、      .  ´ , -‐,-,--,= 、::!
                   , ´ヽ | :....ー....,´,  ´ , ´, './   ヽ            さっきの、気持ちよかったでしょ?
                  /` ヾ、`、!::;; .,ri,'<  ./ ., ',. '      |            
              /、`ー  / ///l |ヽ '  ././         |i            
                /_ ̄    / .>i//!.| |´, '´ /       ./  |:!            それにさ、男って、女の子が
                ヽ )'  ../ / 7/.!'.ノ  > l |    , '´    |::',            ナカでイッてくれたら嬉しいんだぁ」
              /   ,' .i ///  /- 、_.リ   '      !:::l            
                /    ',、 !〈i'./ /‐'' ̄`ノ          /:::::',            
               ヽ  ./ ,>、' /      l        /:::: ::::::',  え……
              >.' /  ヽ      ,'        /:::::: ::::::l ',
              `、 /       `、     .,'       ./::::::::: ::::::! .i  
                /         ゝ、 ,'         ./::::::::::: :::::! .!        「こんなのじゃ手とかじゃなくて
                \ o        `〈       ./::::l:::::::: ::::::! |         自分のでイッてくれたら、
               l.i\ o        ト、      ./:::::::|::::::: ,' :::::!::!         一緒にイケたらって思うものなのさぁ。
                   ,' !  \       |. `     /:::::::/!::::::/ .::::::|::!         
                  ,' !   |\          /::::::://:::::/,! :::::::!リ          だから練習する意味でも、ねぇ?」
             / ,r|   |  \           /--‐' '― '/___/           


二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二 二

1786 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:19:16.80 ID:nDZSeBwc

              ′′:::::::::::′:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::|
                |::::|::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|::l::::::::::::::::::::::::::|
                |::::|::::::::::::: |:::::::::::::::::::: / |::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|::|::::::::i:::::::|::::::::|
                |::::|::::::::::::: |:l:::::::::::::::::::| |::l:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::|::|::::::::|:::::::|::::::::|
                |::::||::|::::::l::」:L___」 |::|::::::::ー――‐l--:::::::::::|::|::::::::|:::::::|::::::::|
             从儿川八从:::::::::::::::::」 八{::::::::::::::::::::_从:::::::::::::::|::|::::::::|:::::::ト、:: |  (……ナカで、一緒に……ケたら、
              |:::l::::::. ァ竓苧芹ミ   ̄ ̄ x竓苧 芹ミ ̄ |::::::::|:::::::l  i::|   嬉しい……)
              |:::|:::::∧ 人乂::ソ         乂:::ソ ノ  |::l:::::|::::::」〉/: |
              |:::l:::/::∧ /////           /////`` ・リ:リ::: |/) /:::::|
            「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|厶ィ^~/::::::::|
            |                           |イ`¨¨|:::::::::::::|
            |                           |∧:::::::|:::::::::::::|
            |                           l/∧::: |:::::::::::::|
            |                           l  }::::|:::::::::::::|
.         ___|____                ________|  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /       --ク               (ー‐       `ヽ
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 男の言葉はきっと、彼自身の趣味も多分に入っているに違いないが、それでも、一緒に、と言う点は理解できた。

 客の大半は交わると大抵、瑠璃を絶頂に導こうとする。それも手や口ではなく、自分のペニスで。

 そして瑠璃も、リンクに抱かれるなら――まだそれは一度だけだが――自分と一緒に満足して欲しいと、想像できた。

1787 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:20:03.57 ID:nDZSeBwc

             \_ .。s≦  {、::|::::::::::::‘.
               ハ/     !::|::::::::::::::‘.
         _ ._へ >         |::|:::::::::::::::::‘.
       r「.r/´ > ’          .::i!::::::::::::::::::‘.
      〈 ∨ /          .' i:::i!:::::::::::::::::::‘.
      〈/ /'          / } , :::}!::::::::::::::::::::‘.
        r:':. '         ,:'  /:::::||:::::::::::::::::::::::!
       ハ ,’    /  / . ':::::::::!|::::::::::::::::;':::::!
       .’ ∨     /     //::;::':::/|::::::::::::::/::::::i
      /  /     '     '.:'::::::/ !::::;::::::/::::::/
    ,:'  /     /      //::/   ,ノイ::/::::::/
    !      '     { ∨      }//::::/
    ‘.     /       :. ∨     /:/
      ヽ_ イ           ` ∨    '´
        ;           ` 、
         !           /   \
       ‘.         `ヽ     Y
        !           ヽ   ,
        |             ‘ ィ
        .             ,’.'
          !            / ,
          |          ィ´ /
         i           { /
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 だからきっとリンクも、ここで経験した多くの男性と同じように、瑠璃に対してそう思うことだろう。

 一緒にイケたら嬉しいと、思ってくれるだろう。

 つまり、自分が感じやすくなるというのは、リンクも喜ぶことだ。

1788 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:21:09.93 ID:nDZSeBwc

         ,'::::::::::/:::::::::::::|::::::::/:::::::::::::::::::::::::l:::::::::ハ:::::::::::::|::::::::::::::::::::V::::::.
          ,:::::::::::,'::::::::::::::::|::::::::| |:::::::::::::::::::::::|::::::::||:::::::::::|:::::::::::|:::::::::|:::::::|
.        |:::::::::,'::::::::::::::::::|::::::::| |:::::::::::::::::::::::|::::::::||:::::::::::|:::::::::::|:::::::::|:::::::|
.        |::::::::i::::::::::::::::::::|::::::::| |:::::::::::::::::/||::::::||:::::::::::|:::::::::::|:::::::::|:::::::|
.        |::::::::|::::::::::::::::::::!:::::::i| |::::::::::::::::|||::::::,' リ:::::::::::|:::::::::::l:::::::::l::::::::|
.        |::::::::|:::|:::::::|:::::::| イ卞亢辷下、   ̄  .`ー―′´ ̄`ー┘::::::l
.        |:::::/l::::|:::::::|:::::::| {   比:::::テ        イ下宍ト 、. :::l:::::::!::ー´
.        |:::::{ |::::!:::::::!:::::::!.  弋こ:ノ          比:::テ /./ }:|:::::::|    ……
.        |::::::\::l:::::::|:::::::|                 辷::ノ   / . |:::::::|
.        |::::::::::::\‐-:、_::|  /i/i/i         ,         ・ /::::::|:::::::|
.        |:::::::::::::::::l:::::::ヽ               /i/i/i /'´`/::::::/
.        |:::::::::::::::/::::/:::::\                 ノ::| ヾ―′
          /:::::::::::::/::::/::::::::::仆          ´ `     イ:::::::|
       /:::::::::::::/::::/::::::::::::ト、 >          _ <:::::|:::::::::|
.      /:::::::::::::/::::/::::::::/| \    >―- ≦::::::::::|::::|:::::::::|
     /:::::::::::::/::::/:/:/: : :|   `ー- _   人:::::::::::::|::::|:::::::::|
.    /:::::::::::::::_,,.-‐''、: : : : ヽ       .∨⌒∨|: : : - .._::::::::::|
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 喜ぶこと、なのだろうが。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                           ′
        //////// //{
         ´/////// // .
                            :.
  ´                          、
                              \
                             /
                            .:
                         /
                        . :
                    . :
                      /
                  {
            .... ,,. .: .: .: .:ノ
            `ー ´、ァ  ´ _    ――--  、
                }                ' .
        .:.;;. =イ      `ー ⌒   、   ∨
          /′              ∧.    ∨
         .: :/                    ∧     ー‐ 、__
      .: : :/                      ∧.       \`
      イ : :/           , - 、     ´ |         \
                    〈   \.  i{   |.            \
                 ム   \ |  \            ∨
                  ∧    `   ノ
                      ∧   `¨¨´               ,
                        、.                   '.
                                      _  - 、
                       ' .            . ´::::::::::::::`
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 瑠璃は、思い出す。

1789 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:21:42.85 ID:nDZSeBwc

            / ̄ ̄ ̄ ̄\
        /ー――< ̄ ̄\ー‐┐
       /       \  \ ,|__
        (___ノ ̄ ̄ ̄\  \   | |  `i
.      /   ̄ ̄\   \  | r‐|├一'’
      {_____   \ ノ \{_|__|┘
        /    \__  \__)  |   
.       / \      ̄匚)    |
.     {  ―≧=ー‐―一' │ │
     |      |        l  |           
.       ト、    |         │
.       } \   |            |
.     ノ    │            {
.    /    __人          ,ハ
   /         ヽ         ヽ
   /     /   ∧            ‘,
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 朝に触れた、リンクの手。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         /::::::::::::;ー:.                         /-::'´::|::::::|
        ,:::/::::::::/:::::込.           __         イ::: !::::: |::::::|
        ,:::/::::::::/::::::::_,>        `´        <__:::::|:::::::|::::::{
         /:/::::::::,> ´     |>            <     `ー ァ:::::::.
      /:/::::::://ム       { {^ヽ, `  - _´rイ} |        )ヽ:::::.
       /:/::::::://∧{        Ⅵ\ `ヽ、 /´  / ,'        {/∧:::::.
      ,::/,:::::::{///∧、_      ∨/ \__Y__/ /       _ノ//∧::::::.
      /:,'/ :::: |////∧/ヽ       ヽ / ,.八  `ヾ       「//// ∧:::::::.
.    /:/,':::::::: |/////∧/{      (__,ノ{_}\_)     __ノ///////|::::::::::..
   /:::{/ :::::: ///////∧/\_     ヽrィ^ヽ'     ,.イ/////////{:::::::::::::.
   ,::::::|':::::::::///`ヽ.///∧////`ヽ  イ{r薔)ィ 〉 ,.イ77///////イ////∧:::::::::::::.
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 朝に交わした、リンクとの接吻。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::::::::::::::::::/:::l  ヽ:::::::::::/:::/    ヽ::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::/::::::l   i> ´//     u. \:::::::::::::/  /:
ヽ:::::::::::::::::,イ::::::::ハ      ´     O    `ー '   /::::
 `ー - ´ l::::::::l∧  __  _/,               /::::::  
       |::::::::! ∧/:.:.:`ヽノ      ヽ        /::::::::::
    '   .l::::::::l  .l:.:.:.:.:.::.:.:\      ー      ` <::::
   /    ∨:::l  l.:.:.:.::.:.:.:..:し'ヽ           し'    ・ ̄                    
. ./    .∨:! !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..:.`ー '7_ __ ___ , イ 
/       ヾ l.:.:.:.:.:.:::.::::.:.ij.:.:.:.:.:.:.:.::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          |:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.::.:.:.:.:.l::::::::::::::::::::::::::::::::::> ´
__       l.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.::.:.!:::::::::::::::::::::::> ´
 _  ` <   .l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...:| ̄  ̄ ´
   ` <   ̄ ` <.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
 、       ` <    ヽ.::.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.!
  ` <     ヽ    \.::.:.:.:.:.:.::..:l
     ヽ _     \     \.:.:.:.:.:.:> ´  ̄   ̄ ` <
-  、    \>、   ヽ __   ヽ
ヽ  .\    \ .>、  ノ 〉ー‐'ノ
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そして、朝に感じた、彼のニオイ。

 彼の震え。
 
 彼の味。

 彼の、温もり。

1790 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:23:16.41 ID:nDZSeBwc

            /::,|::::::ム :.:.:.:.:.:.:.:    ,   :.:.:.:.:.・ /:::/:イ:::::::.     
          /::/ |::{\」                   /イノ:{ `ヽ:::::
         ,:::,'  :::|!::込、      __      /「::::::|   ∨::..    
          /:::{  l::∧:::::| >      ´`      </!::::: |   }::::::::.  
       /:::::::. j/   ,::{ ',`ヽ`    __    ´ ,.. 'l/::∧|   |::l::::::::. 
       ,::::::::::::∨   从 ,  `ヽ   ,..: '´   {/::/  \  ,::::|::::::::}
        {::::::::|:::::.      l} ,            /::/     ∨::::|::::::::| ンクッ…
        |::::::::|:::::::.    /  }    ,:.     /::/       ;:}:::: |::/!::|
        |::::::::|:::|::::.   /   lー-- '-`ー- ' /::イ     从:::/:/ l:::!
        |::::::::{:::|,::::::.      |__,... - 、___,{:/j     /:::::/:/ j:/
        、:::::∨ 、:::::.     l ` 、__    .- リ l       ,:::::/:/  /
        ',:::}   ,:::〉,     l   ::..../ / l     ∧::{:/
        }::::|::::::, Y ,      、   /_,...イ /    / }::|'
        |::::|\:} |__,{      Yー-'   ∨     /   :::!
        /イ     |  ,      }  /   /    /_  j::|
               |  ,     | ,   /    イ   ∨lリ
              |   ,    l ,'  /     /   ,'
             :.   :.    l {   ,     /   /
                :.   ,   ',|  /     /   /
              {    ,   } ,'    /   /
               ,     }.   ∨     ,'   /
               、    }   ,'     /  /
               ヽ、_./  /    /- ´
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 性具に与えられた快感は、確かに強烈だった。それは言うなれば、目も眩むほどの快感で――だが、それだけだった。

 交わす吐息もなければ、蕩けるような熱もない。握り返してくれる手指も、抱きしめてくれる腕も、ナカで震える感触も。

 確かに客の男とは身体を接していたが、そこには『共に』がなかったように思う。

 そこが、足りなかった。

1791 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:25:02.54 ID:nDZSeBwc

              l:::::::::::::::l::::::::::.、  '::::::::l            , /// ,::/!::l
.            l:::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ..、ヽ_! ////           ,-'.〈/    
           ,::::::::::::::::l::::::::::::::::::::' ヽ         _    イ:::!
          ,:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::'   >..     ー ’ .イ:::::_::l
            ,::::_::::::::::::::::::::::::,,i'       >....   < ̄ヽヽヽ‐ 、
        ,..、'´、 、三≡≡≡ニl           i'l三三三三! 〉=!//.i
       f//∧ヽ.ヽヽ三三三三l          l !三三三=i ,'=,'///.!
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そう、足りなかったのだ。温もりが。

 自分のナカには、温もりと熱と震えを感じられるモノが入ってほしい。自分のナカで、温もりと熱と震えを感じてほしい。

 例えそれが、愛しい人との交わりのためであっても、そのために冷たいモノに、身を委ねたくはなかった。

1792 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:28:01.64 ID:nDZSeBwc
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 しかし、男性が女性と共に絶頂を味わいたいと思うこと自体は、理解できる。納得出来る。

 だから。だったら。だとすれば。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |:::{\::::::|           ,        ・  /:イ::::/T´:}
         ,:::::: γ⌒ヽ ///      //// /' /イノ イ:::: !
         /::::::::::(  ⌒ )        _ _         /-::'´::|::::::|   (わたしが、自分で……)
        ,:::/::::::: ゝ_ イ          〈   )     γ⌒ヽ  !::::: |::::::|
        ,:::/::::::::/::::::::_,>       ー       (  ⌒ ) :::::::|::::::{
         /:/::::::::,> ´     |>            < ゝ_ イ `ー ァ:::::::.
      /:/::::::://ム       { {^ヽ, `  - _´rイ} |        )ヽ:::::.
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そうなれるように、なればいい。

1793 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:28:17.97 ID:nDZSeBwc

                              _,,..
                            _,,..z<
                     ,, ・ "´
                     ,, ・"
                   /
            , ―― "              _>-
              /             >- ・ "´
           /  /           l
           /   /           /
        ./     l     ./ ̄     /
       /       /   /   r―― ''
      ./   `ー‐''    /   ',
     /  ,イ   ,'     |、    !
    ./   //  ./      / l   l
  /   ,イ/  ,イ   .,イ  !   ./
./  / /  .,ヽ---''" !  .!  /
`ー‐''  /   /    !  .l  .ゝ ' スッ…
    /  /    ヽ .,'
    ゝ-''      `

1794 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:28:41.03 ID:nDZSeBwc

     \  !                      |   \     ',     /
      \|    /      /        ヽ   !     ヽ     ',   /
        |    !      {       !   ヽ /      !   r―‐、 /
       /  ヽ       ヽ_     ミ     ト、      \ ヽ  V
       /    |     f-、!     i ヽ       ',!       ヽ、 ̄ ラ
      !   / !     |   !     |⌒ヽ      ',         フ´
      |   ||    ! ヽ |     |   ',     ',        /
      |   ヽ!    !   |     |   ',     !       !
      ヽ   |    |   |     |   ハ     ト、     !
       ヽ__|    |   |     |   !:::ト   ,  ハ
         ヽ !    |   !     !    ヽ!`ー'   !:i
         ` !    ',   !     ',    !',     !:|    !
           ヽ    ',   ヽヾ    ',    ハ    !::|    |
            ヽー‐ |   ヽ    ヽ   !:::Y  ̄ヽ:リ    !
             !   y'     v――、 !   ヽヽ、_ソ/   /
            `ー‐'      ヽ   ソ ヽ、  `ヽ-(   /
                      `´      ⌒ヽラーく
                               =,.*:、'
                                  ネ
                                  !
                                   ',
                                   ヽ
                                   /ヽ
                                  /   \
                                /        \

1795 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:29:01.84 ID:nDZSeBwc

                               //∧
                            /////∧      __
                            _///_ ≧==- 、__ //ハ
                         ,..:'/::::::::::::::::::::::::::::::::::´</∧
                       , '_::/_,/ /  /   八  _ 、::::::\!
                         / ,..7:::::::::/:::::::/::::|:::|::|::ト、:::::::ト、 ー'ヽ、
                           /イ::/ :::: |::|::::::/__|:::|::|::|:::\_:|:::::::、,__ヽ
                        ;:::::::|::::|::::|::|:::/  __ ̄- '、::::::::|::::::::|:::::::ヽ
                     ;::::::::|::::|::::{::Ⅳ  "⌒ヽ   \j!i:::::::|::::}::::::.
                     |:::::/|::::|:::::、::::.  :.:.:.:.:.:.:.:.:.    __\/:_/:|:::}:i   あ……
                     ,:'::::{i |::::|:::::::\:>     __  ,:⌒ヽ/イ、/:::|
                       /:::::::/ヽー'乢{::::}   /_:::::`ヽ  :.: ,:::/::}::T
                    /::::;::/::::::::T}:.、    /:.:.:.:.ヽ::::/   八::/:_:ム
                  /:://:::::::::/::|  ヽ   ゝ:.:.:.:.:.:У   ,イ、::/:::::;'
                     /::/:::/:::::::::/::{%⌒ヽ`>、_ ー_,. <::/:::/:::::;'
                 i::/::::::/::/´ ̄ ̄ ` ´`´ 、  _ イ>┴ 、::::::;'
                 ',r:::´  `  >:r::.、- 、           ヾ;'
                /      Y       `          ‘
               /´   ,   ゝ.           、!     .!'
              ,:'    /       ー - .       /     .’
                !    /           -     /     /
              /}   ,'                ,/     /
           , ' .'    ,'                   /'     /
          /  i    '         `ヽ }  _ . '  !    /
        , '    }   :         - 、 /´    .    , 
         /      !   l}           \      /    {
       ,:'      '!               `ヽ  , '     〉

1796 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:29:22.05 ID:nDZSeBwc

   |::::::|::::::::::::{:::::\ :/:/:./    , :/:`|/:::}:::ム
   ',:::',::\::\:::::\         / i::::|::::::}、
    ヽ::{\:::::\::::::彡'           八:!::::リ:::\
    }::ヽ i\_\:::::.、   マ _ア   .:::::::\j!::::\::::ー- 、__......
    |::::|::::::ー:':::、  ̄         /::::::::、:::::_::::::::::\:::::::::::\彡´    あ、あはっ、あっ、んんん……
    |::::|:::::::::ハ:::::::. >   _..::':::::::::,  ´ ̄≧=-.r;、::::、::::::::::::ー::
    /:::/:::|::/::::}::::::::.       `ー '´ /     ゞ- `ヽ\::::::::::::{
  //:::://:::::::|::::::ノ ー‐ ......-..._              ',:::\:::::{
_//::::::://  ̄ ̄  /´         .......           }:::::::::::rー
:::::::::::::::::〃     ,:' :r;::::.       :::.  :::::.、:::..   ...:::::ト、:::::::ヽ
:::::::::::/::;      {  ゞ '       ..::;     `    ー:::::、 、:::::::
:::::/:::::: i        ::::...     .......:::::/               \ヽ:::
/:::::/:::      ',:::::::::::::::::::::::::::/:::  ,            ',
::::::::/::::::::i       }::..、_::::::::,..::'::::::::  /               ',
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 湯殿の中で、今夜最後の、細やかな性宴が開始された。吐息水音水面の揺れ。その中に混じる少女の声。

 しかしそれは、彼女自身の指によってのみ奏でられ。

 ひときわ大きな嬌声が響くまで、その奏者が、変わることはなかった。




 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

            :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

               :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 


1798 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:33:53.94 ID:nDZSeBwc

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【システムメッセージ】

 ・娼婦としての仕事をこなしました。性的欲求+【1D3:1】。理性-【1D3:2】
 ・報酬を決定します。現在の瑠璃の【娼婦の手管】Lvは4、今回の客は3本です。
  伽羅粉末を所持しています。伽羅粉末が使用され、チップの金額が×1.2されます。

   基本報酬 10円×『今回の客数』
   チップ   1+【1D2:2】+【1D3:3】+【1D4:3】×『今回の客数』×1.2

 ・香水があったため、知名度増加を抑制しました。香水残数-1
 ・香水の残数が0になりました。

 ・風呂場での自慰行為判定 『【1D100:40】』 左記数値が70以上の場合、性的欲求+【1D3:3】及び理性-【1D3:3】

 ・バイブレーターを廃棄しました。
   性的欲求+【1D3:3】
   【リ??カウンター】+1
   娼婦の手管カウンター+0.5

 ・娼館での常連客がついたか否かの判定 【1D15:15】
  上記値が10以上の時、『常連客カウンター』に+1(カウンター3で常連客1。予約が必ず入る)

 ・自宅にてリンクに奉仕しました。
  内部カウンター【リ??カウンター】+1
  ルートカウンター【溺れた微笑】-1
  性的欲求+!【1D3:1】、理性+!【1D3:1】

 ・リンクの連絡先を入手しました。

 ・経口避妊薬を1個購入しました。所持金を30銭マイナス。

 ・木下秀吉と肉体関係を持ちました。
  妊娠カウンター増加判定 【1D12:12】
   上記値が10以上の時、『妊娠カウンター』に+1。
   ただし避妊薬を所持、服用しているため、カウンター増加時、カウンターをさらに-0.5
   避妊薬を1個消費しました。
  木下秀吉の【ス????カウンター】+1
  木下に対する瑠璃の信頼度が大きく減少。
  ルートカウンター【溺れた微笑カウンタ】ー+1
  【木下の結果】が決定。木下は【盲信】状態に移行。瑠璃との事柄を最優先に行動し始める。
   ただし、他者を排除するほどの過激な行動は取らない。相当なことがない限り、正常な方向には覆らない。
   結果確定により、カウンター名判明。【ス????カウンター】→【ストーカーカウンター】。
    カウンターの値によってストーカー化。

  ・木下秀吉の好感度が変動しました   木下秀吉 好感度:A’(黒猫殿のためならば)

・自慰を除き、一日に複数回、己が欲望を含んだ性交渉を持ちました。
 カウンター増加条件達成。 ルートカウンター【溺れた微笑カウンター】+1

 『11日目』を終了します。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1799 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:39:47.13 ID:nDZSeBwc

ステータスを更新します。

                      ,、,、,、、
            。=ニ⌒^⌒^⌒ニ=、く{(芍}リ
           ,イ≫''^゚^⌒^゚^⌒^゚^''く ヾ彡
       x=ミ〃^゚´::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.`く\
      弐Ⅳ :::::::::: :::::::::|::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::Vハ
.       マ彡:::/:::::::| ::::::::|::::::::| :::::: |:::::::::::::::::Vハ
        |:::|i::::::::|_::::::::|::::::::|:/::」L:::|:::::::::::|:::|
        |:::|i:::::::」L::-┴─ イ):::::刀:::::::::i:|:::|
        |::::Ⅵ广i):::ト     ヒツ.|::|::::::i:|:::|
        l:八小 ヒリ  .    ":::::.|ルイノ::::
        |::::::(_', :::"          ,r:::':::::::|
        |::/|八     -     イ:! ::::::::::|
.         `  |:::个  .      イ|::::|::::::::::::|
            |:::::|:::::::|:::{>‐ ´ノ⌒゙八 :::::::::|
            |:::::|::::斗rj  ∨⌒ /⌒\:::::|
            |::_/  \x土x./     `¨ア\
            /下、    {{《莢》}      /:::::::::
         /:::::::::::\__/≫=≪\__.....イ:::::::::::::::

【名前】五更瑠璃 【年齢】15 【出身】トウヤコ 【身分】『春夏秋波』所属娼婦兼五級スカヴェンジャー

【能力】※A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み
 筋力E 体力D 俊敏D 知能C 運勢C 注目度F

【パラメータ】(現在値/最大値)
 行動力(3):フリーパートのおける行動回数。
 理性(69/100): 良識、自制心等の値。瑠璃の最大として100。 100=聖人君子ではない。
 性的欲求(65/100):性行為への欲求。性行為の結果等で変動する。精神的な欲求であり、肉体的感度とは異なる。

【特性】
 運動音痴:同年齢、同性に比して運動が得意ではなく、体力的にも劣る。
 器用:細かい作業が得意。また、それを続ける根気もある。
 淫婦の素質(小):色事の素質。常人より僅かに性行為に適性がある。娼婦関係Lv上限が常人より少し高い。
 トラウマ(殺害):人を殺した記憶。ふとしたことで顔を出し、行動を阻害する。
 ???(序):???

【パッシブスキル】※追加、成長可能。
 武装知識(1/5):武器や遺物に対しての知識がある。武器、遺物の価値判断にプラス判定
 娼婦の手管(4/6):性行為関係の判定にプラス判定。娼婦仕事の各判定にも影響する
 平常心(2/5):咄嗟の判断を要する場合の判定にレベル分のボーナス
 銃器取り扱い(1/4):銃器を取り扱う場合の判定にレベル分のボーナス。Lv0はマイナス補正が消えるのみ
 スカヴェンジャーの心得(1/4):スカヴェンジャーとしての一般常識。交渉ごと、情報収集等の判定にプラス補正

【アクティブスキル】※追加、削除不能。一定条件で成長可能。
 なし

【装備】
 9mm拳銃 (装弾数8) 威力はそこそこあるが、瑠璃は両手で把持する必要があるため【咄嗟の射撃が出来ない】
  弾 8発
  9mm用マガジン×2 戦闘中でも即時リロードできる。通常は2個までしか携帯できない。
 安物プロテクター  耐久数1回 肘や膝をガードするプロテクター。【転倒時等に怪我をしにくい】
 催涙スプレー ×1 使い捨て 【生物の攻撃を一度回避することが出来る】
 PDA:低機能汎用品。通信とメモ機能程度。

【現在の資産等】
 所持金:98円64銭
 協会のロッカー内:完全な自動小銃1丁。半壊の自動小銃2丁。

【好感度】
 リンク   A(守るべき人) ※連絡先取得済み
 ルイージ B+(息子の嫁) ※連絡先取得済み
 涼宮ハルヒ E(覚悟のある蛆虫)
 木下秀吉 A’(黒猫殿のためならば)
 上条当麻  E(真剣にスカヴェンジャーになりたいんだな!)
 月村すずか C+(うふふ、頼ってもらえた)
 キョン D(大人になったなぁ)
 キノ 好感度  D(借りを返さないとね) ※連絡先取得済み
 アーチャー  D(超好み) ※連絡先取得済み
 魔想志津香  D(協力させてもらうわ) ※連絡先取得済み
 スネーク  E(気にかけておこう)
 桂ヒナギク 好感度:F(感謝はしてるけど……) ※連絡先取得済み
 暁美ほむら 好感度:F(……ごめんなさい)

【ペナルティ】(残日数/治癒必要日数)
 なし

【カウンター】
 投薬カウンター:1 平常心カウンター:7 身のこなしカウンター:2 妊娠カウンター:0.5 疲労カウンター:0
 心得カウンター:3 知名度カウンター:2 常連客カウンター:3 香りカウンター:0 百合カウンター:1
 銃器取り扱いカウンター:3 娼婦の手管カウンター:1.5

【イベントスケジュール】
 『遺跡の閉鎖』までの日数 残り36日

1800 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:40:05.83 ID:nDZSeBwc

 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

            :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

               :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

1802 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:40:45.21 ID:nDZSeBwc

::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::/.. .|:::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::
:::::::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::/   ||::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::: !:::::::::::::    ピピピピ……ピピピピ……>
::::::::::::::::::/:::::::::::: /!:::::::::::::::::::::::::::!;::::::::::::::::::::::!.|   ||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::l:::::::::|:::::::::::::
:::::::::::::::: !:::::::::::::::! !:::::::::::::::::::::::::::!!:::::::::::::::::::: !.|   ||:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::l;::::::::|:::::::::::::
:::::::::::::::: ! ::::::::_! !___::::::::::::: !!:::::::::::::::::::: !.|   ||::::::::::::::::::::::::::::::::_!:::::::--―::::||--::|:、::::::::::  んぅ……アラーム……。
::::::::::::: : |:::::::´:::: ! ! ::::::::::  ̄ ̄`||ー---:::::::::!.|   |l:::::::::::-―::: ´ ̄:::: |::::::::::::::::::::::||::::::::!::::!::::::::
::::::::::::: : |:::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::|l:::T::::::::::::::::| !   !!:::::::::::::::::::::´l::::::::::::|::::::::::::::::::::::||::::::_|::::|::::::::  あさ……?
:::::::::::::|:::| ̄ ̄ ̄ `ー――――゛--------' |   ||_______!____ル'´ |::::|::::::::
:::::::::::::|:::l ミii===テ≡、冖冖冖毛                テ≡冖テ冖ミ===F |::::|::::::::
:::::::::::::|:::|   |l       r‐‐':::::iii::::::::l|                      r‐‐´:::||::::::::::::,! .|::::|::::::::
:::::::::::::|:::|   ヽ      |: : : : :.!! : : :!                    |: : : : : : : : : / .|::::|::::::::
:::::::::::::|:::|         ヽ: : : : : : : ノ                     ヽ、__ ノ. .!::::!:::::::
::::::::::::::小             ̄  ̄ ´                              ノ:/:::::::::
::::::::::::::::ヽヽ                                             //::::::::::::
:::::::::::::::::::ヽヽ                                        //::::::::::::::
\\::::::::::::ヽヽ                       |                      //::::::::::::::::
::::::\\::::::小                                      ム'::::::::::__ノ/:
::::::::::::\\:::::l                                       `'イ_ノ::::
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 耳元でアラームが鳴り響き、瑠璃の意識は覚醒を促された。半ば無意識の動作で枕元に手を伸ばし、PDAを掴む。

 今日は記憶がはっきりしていた。

 店で仮眠を摂らせてもらっているので、目の前にかざしたPDAの背景に、煌びやかな天井が見えても驚かない。

1803 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:41:47.80 ID:nDZSeBwc

::::::::/:::::::::: !:::!::::::: !::::::::::::::::/:::::::::::::::::/:::! !   !::!...|:::::::::::::: ト、:::::::::::::::::: !:::::: !:!::!
:::::/::::::::::::: !/|___|;;;;;;__::::::!:::::::::::::::::/l::::| |   |::! !:::::::::::::: ! .!__;;;::::::::::::|::::::_|:|/
:::;l::::::i::::::::::l.  __,,`,,,ーミ_lー-:::;;;_//::::,! !   !:; _.|_;;;=-‐'''|´|:::_;;;=-‐i'´ ̄l::|'
/ !:::: !:::::::: ! 彡´   ,..-.、` ヾミ//_7/     !'゛´レィ'''´ ̄ ̄`゛ミミ !:::::::::!:|   って、あら?
./|::::::l::::::::::|  |    ,、);;::::i   ゛          ''  /):::::ヽ   | .!:::::::::|:|
 |::::::l::::::::::|  |   .l:::::::::::!                 |::::;;:::::l   ,! .,'::::::::::|:|   アラームじゃなくて、メール?
ヽ!::::::!:::::::: !  ヽ  弋;;;;;ノ                   弋;;;;;ノ   ' ,'::::::、:::|:|
::::!::::::!:::::::小                              i::|:::l::l:::!:!   それにこれって……
::::!::::::!:::::::::ヽヽ                 i                ・ .l::|:::l::l:::::|
::::!:: 小::::::::::::ヽヽ /////                  ///// l::|:::l::l:::::|
::::!::::::!::ヽ::::::::::::`ヽ                            ,!::!:::l/!::::!
::::::`:::ーt;;_ヽ::::::::ヽ                            /::::|::/..|::/
:::::::::::::: !::::::iーt-、`                         /:::::::|/ . !'
:::::::::::::: !::::::|:::::|  \          ∠二ヽ            /l:::::::::|
:::::::::::::: !::::::|:::::|   \                  ,....::´:::: !::::::: !
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 しかし天井には驚かなかったものの、表示されたPDAの画面に、多少驚かされた。

 起床のアラームかと思った音は、メールの着信音。

 しかし驚いたのはそこではなく、差出人の部分に表示された名前にである。

1804 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:42:36.92 ID:nDZSeBwc

〃三三三三三三三三三三三三三三三三三三 `ヽ
l三三三三三三三三⊂ニニ⊃三三三三三三三三 |
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三|〈 |\/| 受信メッセージ             |三|
|三|───────────────── |三|
|三|差出人 :桂ヒナギク                |三|
|三|───────────────── |三|
|三|To.   :自分                   |三|
|三|───────────────── |三|
|三|件名   :朝早くにごめんなさい         |三|
|三|───────────────── |三|
|三|日付   :××:○○:△△              |三|
|三|================================== |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三|                             |三|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三三三三三三三 (   □  )三三三三三三三三l|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三」
乂____________________ ノ

1805 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:43:04.43 ID:nDZSeBwc

              _,. '":::::::::::::::::::::::::::::::"ヽ{ゞ〉´、ヘケ
     ,、  _,. '":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ^ヾ、〃〉
  /ヽ,',ノ、/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:ー.."´
  「jヘ〃:/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ト〉ゝ /::::::::::::::::::::ii::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
  V-‐´:::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::_i {::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
    ,':::::::::::::::::::::::::| 从_::,. '"_ ,, ..zュ=ュ, ̄|:::::::::::::::::::::::::::}
   ::::::::::::::::::::::>、゛´    〃´ん::::::} } |:::::::::::::::::::::::::::::l   桂さん?
  ,::::::::::::::::|l/__.,,z.    .′ ヘ:::ソ   .j:::::::::::::::::::::::::::::|
  i:::::/:::!  /て::::}`        ///. /,::::::::::::::::::∧::::::|   ど、どうしたんだろう。
  {/::::::∧〈. 弋::リ           /ノ::::::::::::::::ノi }:::::::|
   '´ヾ,::::ヘ`     、           ̄ ̄,'厂 ノ::::::::::|
     /::::::::}.///               _,.ノ´::::::::::::::|
    /::::::::::l υ       ,,. -   υ /:::::::::::::::::::::::::|
    ´"ヾ,::::ヘ       -‐ ´       ヘ::::::::::::::::::::::::::::i
       ヾ:::ゝ、               _,.  |:::::::::::::::::::::::::::i
           |::::::: ゙‐ .,_      ,. '" ,‐´ l:::::::::::::::::::::::::::i
         i::::::::::::::::::: _` t  ' ,、/´゚`  |.,_:::::::_:::;;:::::_:::.!
            ',::::::::::::::::::ヘ`、 ,、/ ゚ ゚  , - ´::.: ̄:::.::::.::.:
       ヾ 、Ⅴ::::::::_::_::ヘ V ゚  _,. '":::.::::.::.:::..::
    /:: :`ヤ:::.:`:‐´/´,ゞj`〉`>/:::.::::.::.::
    /::.:.:.:.:〈::.:: :::. :::{`<,'ヾノ'ノ´j:::.::::
   { :.: :.: :.:.:>:::.:::::.:::ーヘ
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 発信者は『桂ヒナギク』。4級スカヴェンジャーで、瑠璃のと同じくこの店で働く娼婦。

 そしておそらく、父親の義体を狙う者からの依頼を受諾した人物だ。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ’ー、   ,..:´:::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::`:::i  、ミゝー} }
         `,´:::'::::::::::::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::i::::::::::::::::::i:::::::::ゝ_ ヽ,、ヽ〉
         /::::':::::::::::::::::,':::::::::::::::::' l::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l:::::::::::!/`:::i `
.          ,::::::,:::::::::::::::::i::::::::::::::::::' .|::::::::::::::::::l:::::::::::::::l:::l::::::::::::,./l:::l
        i::::::i:::::::::::::::::l:::::::::::::::::i :,::::::::::::::::::l:::::::::::::::l:::l::::::::::::i/i::::l
         |:::i::l::::::::,,-─-....、:::::l  :,:::::::::::::__:::::::::::::l::l:::::::::::::l,/::::!
        !::::,:l::::::::_,._ニ二 ̄   `ー´--' !_:``:::::':::l:::::::::::::i'::::::'    (話がしたいって……。
        :,::::,:´, .l .「ト:::::(`        ィチテァー、`┤:::::::::::l::::::'
          :,::::,::. i ! l:::;;:::リ          ト::;;:::.'i  l ,'::::::::::::::!:::::'     嫌われちゃってると思ってたのに)
         :,:::::,:: l  ゝー'        弋_ソ ノ ':::::::::::::::|::::'
          :,:::::、.. !          ,        ・ '::'i::::::::::::l::::'    
         ∧:::::,ヽ.  u               //,::::::::::,,:::!
            Vi::::::::、                ソ /_,,'´:::::::l
              |::::::::::ゝ      , 、        イ::::´:::::::::::::::::l
              |::::::::::::::::i>..          イ:::::::l::::::::::::::::::::::!
              |::::::::::::::::l:::::i`-、::... ..  ≦´, '、'!::::::::l:::::::::::::::::::::|
             l::::::::::::::::l::::::!  `ー、 _, '´`´  .l:::::::::l:::::::::::::::::::::,
           !:::::::::::::::,,-!    Y      .!-、::::l::::::::::::::::::::::,
           !::::,, '´  ヽ    _,、    ,, '´  ゝ、::::::::::::::::::::,
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 メールには『この前はごめん。話をしたいから、今日、時間つくれる?』という内容だ。正確にはもっと丁寧な文章だが。

 とはいえ、なぜ彼女が、と瑠璃は思う。彼女とはほんの数日前、スラムの依頼を巡る証言で、ゴタゴタしている。

 憎まれてはいないだろうが、少なくとも悪感情を抱かれている、と思っていたのに。


1808 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:45:58.31 ID:nDZSeBwc

            ..:|///:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..`:.Ⅶ
          /..:.:|//:..:..:..:../:/:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:...\
        /..:..:..:/./:..:..:..:..:Ⅳ:..:..:..:.:./:..:..:..:..:..:...!:..:..:..:..:..:..:..ヽ
       '..:..:..:..:i/:..:..:..:..:..:i/:..:..:..:...':..:..:..:..:..:..:..:|:..:..:..:..:..:..:..:..:...
      ...:..:..:..:..':..:..:..:..:..:..':..:..:..:..:..l:..:..:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:..:..:..:..:..:...i
      i..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.':..:..:..:..:..:.':..:..:..:..:..:..:..:.|:..:..:..:..:..:..:..:..:...|  
      |..:..:..:..:|:.:.i:..:..:..:..|:..:.._:.._:..」:__:.._:..:..i:..:..ハ:..:..:./:..:..:..:..:.|   
      |..:..:..:..:|:.:.l:..:..:..:..「´`¨ ーー===<一 ー'´ ̄ 厂「:.|j  (何の話だろう……桂さんとの話題って、
      |..:..:..:..:|:.:.l:..:..:..:..| ________,     ,ィi衍^7:..:..|:..|   探索くらいしかないと思うけど。
      |..:..:..:..:|:.:.l:..:..:..:..| 行示Ⅵ  ^     弋iソ ' i:..:..l:..|
      |..:..:..:..:L:.|:..:..:..:..:..  ⌒)ン           ::::::::l:..:..l:..|   ……次の探索は5階。
      |..:..:..:..{ 「ヽ:..:..:.从:::::::::         ,     ト、:.:..'
      |..:..:..:..:ヽ、 (  ̄`ヾ              ,  ∨   あの依頼も、義体があると思われる階層で、
      |..:..:..:..:..:..:>、`ヽ                .       5階以下を指定してたはずよね。
      '..:..:..:..:..:..:j:..{ヽ⌒ヽ、       ⌒  / 
      ,:..:..:..:..:..:...':..:.}   ⌒ヽ、> . __ ィ:ヽ:.`ヽ      まさか……)
      ,:..:..:..:..:..:./..:.:∧      \   YⅥ ∧:..丶:..:..
.     /..:..:..:..:..:/..:/  \      `ヽ_//ハ  ':.i ):..:.i
     '..:..:..:..:..:.,/      、____,」ノミミ}  |:|  ):..|
    {..:..:..:..:/         \/ // /八\  |:|  ):..|
    |..:..:/               \ ' ///{ ヽ \::| (:..ノ




    __       ,ィ⌒:i:i:i:i:i:i:i:iz‐、:i:i:irx:i:i:i{``ー‐'ー'r‐'
    r{__ ゝ   r‐':iz-‐'⌒¨¨¨´::::::` ̄::::::`ー`ー-ィ:く
  ノr'} リノヽ/x-'′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::マハ::',
  〈 込ツ´ / .:::::::::::::::::::::::::i!::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::∨::::',
   }≦==イ:::::::::::::::::::::::::::::::!i:::::::::::i:::::::::::::::i!:::::V:::::::∨::::',
      ,′:i:::::::::::::!:::::::::::::!i::::::::::::!::::::::::::::ト、:::∨:::::::∨::}
     ,′:::!::::::::::::|:::::::::::::| i::::::::::::!:::_;斗'千}二}:::::::::::}:::!
      {::::::::|::::::_」__:::::」 !_;z=‐'´-‐'´,_,_,_,_,_!::::::::::!:::!
      {:::{::::!::_´-‐' ¨´ ̄`     ,ィ"”艾芋¨}}|:::::::::::!::|   (あ、でもまだ依頼を出したわけじゃないから、
     !:::ヘ::ハ ィ歹芋芹ト       {.:.{}.:.} }}|::i::::::::}::!    それは知らないっけ。
     |:::::ヘ:!:i! {{   r'.{}.:}          辷タ ・/イ::::;_r}:|
     |:::::::::Nヽヾ  辷タ            〃千ノ/::::    4階まで踏破してるのは知ってるだろうけど。
     Lz≠Tヽ.}        ’         __/::::::i
.         |:::八        x‐- 、_     ノ::::::::::::::::!    それにあの依頼は放棄したって……。
.         |::::::::ヽ、   /  ,、__ \   /::::::!:::::::::::|
.         |:::::::::::i!:`ヽ∠ -≦‐'^ヾ ー'/_レi:::::::!:::::::::::!    あれ、じゃあ別件?
.          j::_:_:::::i!:::::{´ ー--= __ 弋__/。. {:::::::i::::::::::::,
        /-〉  ̄¨¨¨}    `ー- 、 }.}。   {::::::::!::::::::::::!   でも探索関係以外で、わたしに用事ってあるかしら)
.       /i:i:i:ム    ',   、__`ノ.{    / `<、::::::,
      /:i:i:i:i:i:ム    }   イ、"ノ!`¨ . イ      `<:,
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ついつい勘ぐってしまうが、よくよく考えてみれば、瑠璃が5階まで踏破していることは知らないはずである。

 それに剣を大事にしたり、師匠の言葉を気にしたり、治療費をすぐに返却したりと、彼女はかなり義理堅い印象だ。

 決めつけるのはよくないのだが、タイミングがタイミングである。気になるものは、気になってしまうのだ。

1809 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:47:39.07 ID:nDZSeBwc

    丶:::/::::::::::::::::::::`ー―丶===` 、
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ーー==`
.    /..:::::/::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::`ー==
   /:::::::/::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー
.  /:::::::/::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  /::::::/::::::::::::/::::::::::/l::::::::::::::::::l::::::::::::::l:::l:::::::::::
  ' 、::/__:::::/::::::::::/ :l::::::::::::::::::l::::::::::::::l:::l:::::::::::
   |::::::::| "'''- ./  i::::::::::::::::::l::::::::::::::i:::l:::::::::::
   l:::::/.|..{价kミ_.    !::::::::::::::::l::::::::::::::l:::l:::::::::::
   i::::{ { ヒzノ ヾ   ~""''' ‐- ...,,_|:::!::::::::::
   i::::ヽ.             价ミk_    /::::::::::::   (でもそういえば、桂さんって剣を使うのよね。
   |:::::::!.              トイヘi ヾ  /::::::::::::::
   ` 'ハ    、       `一' ノ /:::::::::::::::::    確か、5階にも虫は出るし、植物のミュータントもいるとか……)
      ハ              ・ /__,,.. .-‐
      |:::\            _.   ,.-‐''" ̄
      |:::::::::\ `    ./ ノ ./,~::::::::::::::
      |:::::::::::::::`_-_―. / / ,~^ /^\-―
      |:::::::::::と___ \/ /~^  /   }:::::::::
     / ̄::::こ_. へ \ ./     /   /^:::::::::
    ./:::::/   {_,ヘ \  〉}  /    ):::::::::::
    .|:::::(     /    /_〉/    /^:::::::::::::
    .|:::::^\  /     / /      ):::::::::::::::::




                              , -rヘ、
                    ...-‐……‐- .... くヽ_ゞヘ ゝ、
               ,..:."´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`{ λノーr'
.      ,rヘ、 /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::l::::ヽ::::::`マ弖ゞ'
     r〈∨〉У::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::: l:::::::‘::::::::::::V》:::..
     {K/r'/:::::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::::: ト、::::::‘ ::::::::::V》:::::.
.     V_,/:::::::/::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::| l_:::::_|:::::::::::: V》:::::.
        ,′:::: !:::::::::| l:::::::::::::::::::::: ,斗=ミ |:::::::::::::: V》:::::
        ,':::/::::::|!::::::::l  ー''"´ ̄ィ´トrj } i} |:::::::::::::::::l:::::::::
.       i::/:::::: 」ー,斗=ミ      乂ソ ' ・|:::::::::::::::::|:::::::::   (というか、ロクショウ級のミュータントが
.       l:レ'"ハ 〃トrj }         ^¨´   |:!:::::::::::: ハ :::: i    いるかもしれないんだわ。
       从::::::::::. {{ V_ソ           '''  从::::::::::/ノ}:::::::|
.         `7::::::.` ^¨´ ヽ            ` ̄ ノ::::::::|    前衛なしじゃ、相当危ないかも)
.        /:::::::::} ''''             u rー:'´:::::::::::::|
.       从::::爪 u     _   -‐    厶ィ::::::::::::::::: |
         `ヽl::::...    ´         / l:::::l::::::::::::::::::::|
            ` |:个:......       イ⌒⌒Y:!:::::::::::::::::: | _
           |:::l::::::::::l`::::ー:.:.: ´ ,ノ∴∴人:ノ⌒ーァ_/:.:.:.:.'.,
           |:::l::::::::::l::::::rヘ}  ノ∴  /i:i:i:i:i:i:・ノ /:.:.:.:.:.:.:.:.:',
           |:::l::::::::::l:/ヽ:V=== /i:i:i:i:i:i:i:・ノ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
       /`ヽ了ー―/⌒YY⌒Y /i:i:i:i:i:i:i:i:・ノ:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
.        /:.:.:.:.:.:.{・i:i:i:i:i:{ゝζψζ〉i:i:i:i:i:i:i:i:i:・ノ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       /:.:.:.:.:.:.:.:{・i:i:i:i:i:ゞ=≦≧ソヽ:i:i:i:i:i:・ノ:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
     ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:}i:i/ // ノ   ヽ \:iノ:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /
...    {:. :.:.:.:.:.:.:. |:У   ノノ_ノ⌒) ゝ ノ:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.ハ:l
.     ___l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:ヽ)ー'ー'ヾ  ヽ ー' ヽ:.:.:.:. {ー=彡:..:.:.:. (・ω・)
    》:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:У   ノノ     ヽ   〉:.:.:.:У:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:/::゚,
   《/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:く(`ヽ // _    _}_,ノ´:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',.:.:.:.:/:::::::゚,
    {:.:.:.:./`ヽ:.:.:.:.}:.`´:ー‐'/ーヽー':.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ー‐'::::::::::::゚,
.     ヽ:.〈:.:.:.:.:.:、:.:{:.:.:.:.:.:..:.:ノー―\ :.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::ハ:::::::::::::::゚,
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 だが5階の情報を思い返せば、ちょうど刃物遣いが欲しい状況である。

 アーチャーが来てくれたとしても、あの撤退のことを考えれば、手は多い方がいい。

 それにここから下層にはアレンジミュータントの可能性もある。強い前衛が、どうしてもほしい。

 ヒナギクの腕は正確にはわからないものの、単独で遺跡に挑もうとする以上、ある程度は期待してもいいだろう。

1810 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:50:39.48 ID:nDZSeBwc

               , 、_..,
              / {rf >fソ、
              } ヽ,-‐' .l.....;::::…_::........_
               >、  _..ノ..':::::::::::::::::::`:::...、`_ 、   ,__
             ..:´:/lll/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ..〉Y〉ヽ
.              /:::::/llll/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::八 !ゞ《
            /::::::/ll/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ _r'
            .':::::::/l/::::::::::::::/:::::::::::::::::i:::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::.
             .:::::::::fll/::::::::::::::i!::::::::::::::::/!:::::::::::::::::l!:::::::::i:::::::::::
          .::::::::::ll/::::::::::::::::l ::::::::::::::' i::::::::::::::::ll::::::::::l!::::::::::
           l::::::::::l,':::::::::::::∧「ヽ:::::::i!ト、 i::::::::::/:/l::::::::::ll::::::i::::.
           |:::::::::l!::::::::::::::! ,rfテュ:_::l ゝ`!:::::/l:/ ,::_:/ !:::::!::::.
           |:::::::::|:::::::::::::::l 仡示(⌒ヾ .}/ / /:_:::/``i::::∧:::!  (これが色よいお話だったら、
           |:::::::/!::::::::::::::l 杙::::::ソ       んr= 、/:/:::::V   出来れば乗っかりたいところだけど、
           |:::::::、!_::::::::::::::. .....         fテソ .il 7::::::!    どうしてもあの一件が引っかかっちゃう。
           |::::::::ヽ` 、:::::::::: u           ゞ ' /./::/:,'    
           |:::::::::::::丶-.ヽlヽ}        '  ..... ・.:::/:::!     それに今日は探索の準備もしなくちゃダメだし、
           |:::::::::::::::::::::::ト、               ,:::/::i:;     正直、朝、昼、夕方のどれかを潰されるのは痛いわ。
            i:::::::::::::::::::::「.ヽ\   ` ー--      .イ` ヽリ     
            !:::::::::i::::::::::|   ´ >       <i:::|        でも無視するのは、ちょっと……)
          ,:::::::::::l::::, 'ヽ、    ヽ` i、:::´:::::::::::l.l:::!        
.          ;:::::::,. ' .三三 ` 、   Y fト、:::::::::::::! l::!        
.        , - 、´ゝ、.三三三三.` 、 /  ヽ-_` 、i,ノ/
        /三三ヽ≡.、三三三三三ヽ/´、ソ.ゝ三`ゝ、_
.        .:′=三三ヽ三`ゝ-、三三三.〉、`<´/、三=〈ニ. ヽ
        i 三三三三ハ三三三`ー、三.f i!`ー'ヽ ヽ、ニ{ニi三i
.       /!三三三三三i三三三三` 7!  !   ヽ .>ニ、ニi!
     ,:r' 三三三三三!三三三三=ム  _,.. -'´</ヽ三ハ.ハ
      , l_三_三三三、 ノ三三三三三 7T´/ _..=〉l_,. 〉ニ、三i!
      〈 〉只〈三三ニ{ヽ三三三三三└-ゝ'´ !l ` ´三三.ハ三i!
       Y三`三三三i三〉三三三三三三三,/ ヽ三三三ニ}三ヽ
       {三三ヽ 三三/三三三三三三三f〈! ハ\三三ニi三.ノ
.       i ヽ三三ヽ./三三三三三三ノ ̄〈l! ゝ'!l{. \三ニl!::/
.      |ニ三三三!三三三三三三/i   〈l!  l!{  l!\!ソ:f!
       !三三三/三三三三,- '´  l!  , 〉!  l!{ .l! iニ〉ニl
.      i三三三ト,ヘ_,,、/ー '    _;!,,'´ .〉! Ol!}  l!f,/三.{
.      {三三三 i }、     _,  ´ l!   〈l!  l!{ l〈三三l,γ
      i!三三三 ト、!、ー ' ´     ∥   〈!  〉〉 ヾ、三ニi`
       i三三三ニ!三`ー--  __/___/ O/  ノ三三!〉
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ヒナギクのお話が、本当に仲直りの件で、二心がないのであれば、是非乗っかかりたいところ。正直、戦力が欲しい。

 しかしどうにも、スラムの件への疑念が渦巻いてしまう。だからと言って無視したら無視したで余計な疑念も抱きそうだ。

 それに、正直なことを言えば、今日、時間を取られるのはかなり痛かった。

 木下の件があったので、準備が何も出来ていないのだ。期日がある以上、そっちを延ばすわけにもいかないのである。

1811 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:51:23.93 ID:nDZSeBwc

                  _,rn豸>    _ .................... _
                    <_彡く⌒} -=ニ二二ニ=-::::::::::`:..、
                  'ー=ア´ ...::::::::::::::::::::::¬-=ニ=- :::::ヽ,_
                         ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=ニマ⌒苡ヘ
                   (  ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{ ヘ¬'’
                      丶 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノヘr┬'^
               '⌒ 、____ / ____   ̄ ̄ ̄  ノマニ7⌒    (……とりあえず、桂さんとお話は
                  i :::::::::i:::::::::Λ :::::::::::::::ii::::::::::::::i::::::::::::::::V:::::::: .    することにしよう。
                   j.::::::::::l::::::::「^| i:::::::::::::il :::::::::::::l;:::::::::::::: l::::::::: :   
                 ⌒T:::::|:::::::iト | i:::::::::::::i| i::::::::::::|i:::::::::::::: l::::::::: i   出来れば目的くらいは知っておきたい。
                i ::::「「`汎 Li:::::::::::::iLi:::::::::::」i:::::::::::::: l::::::::: l   
                ∧::::}   り     ̄ ¨^汀J了 i:::::::::::::: l:::::::::¦   でも、いつ?
                    '⌒W           乂,_ソ i:::::::::::::: l::::::::: ;
                  从   '          ・ .'::::ぅヘV::::::: /    今日がダメなら、明日以降とか。
                      ^⌒            厶イ_ ィ:::::::::: ′
                          、 、        / 「:::::i:::::::::::i     今日だったら、朝か、昼か、夕方か。
                        「心.         r ´¬〔:::::::l:::::::::::l
                      ノヘ::::〕Tマ 瓜<⌒'ー< __::厶:::::::::l     この後は春夏さんとお話する予定なんだけど、
                        , <⌒ⅵ 」「∵_,   ∴ン'⌒ <     春夏さんの方は、時間をとって話したいとも
                       ∠{f芒,ノ厂「 フ⌒  :,ジ~        .    思うし。
                 ー£=辷彡ヘ〈ア^   ∴ジ  _,       i
                    /-‐冖勹¬'~ __ ∵ジ~ /~ .....:::::::..  ¦    だったら、春夏さんとのお話をズラして、
                   , '^ア⌒7⌒7い⌒'  7> '⌒ ...:::::::::::::::::::  ¦    朝のうちに桂さんと話すのもありか……)
              <⌒ √ /   ′ `V::::〃 .......:::::::::::::::::::::::::::  Λ
              〈 ⌒'ー〈  j'   小/´ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::  /::::: .
            /´::>、_/`ーァ'^ーァ'⌒7 .::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 〈:::::::: :
              X´:::::⌒>、_∧__,/ _,.ゝ、, xヘ、 _::::::::==-ァ仁  }i::::: ;
            / :::::>:::⌒7¨⌒~て >'⌒ <⌒ <>、  __彡'⌒:: /:l::::: i
             , ⌒¨´ ,...::::::/´__,√/ .::::::::::::`¨¨「\_>::::::::::::::: ィ゙::::|::::: l
           / ::::::::/:::::::::::〉'⌒>'⌒...:::::::::::::-=ニL 小::::::::::ア〔:::l::::::|::::: |
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 昨日、黒服に伝言をしたこともあって、この後、春夏に少しだけ時間を取ってもらえている。

 ただ客が来るとのことで話せる時間は短い。【犯人のこと】と【仕事のこと】は、どっちかしか話題にできそうになかった。

 だったらそう何度も時間を作ってもらうより、春夏との話を別の日にして、一度に用件を済ませる手もある。


1813 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:58:25.50 ID:nDZSeBwc

               __,,,,,,,,_,,,,_,,,,__ . i、<i>、
          ,r、 _..r''´::::::::::::::::::::`ヽ、`!_`iヽ,>
         /i/::::::::::::::::::::::::::::::\::::::`ヽ王ヽ
         '/:::::::::::::::::;:::::::::::::::::: !::::ヽ:::::::::ヾ}}ヾ、    (って、そういえば魔想さんとも誘拐の件とかを
        /::::::::::::::: /:::::: !::::::::::::!:::::::ヽ::::::::::ヾ}|:ヽ    お話しする時間を取らなくちゃ。
         /::::|::::::::: /|:::::::::|:::;::::::::|:::::::::|::::::::::::::l}|::::i
       .l::::::|::::::::|:| |、::::_;lv'l_;::'::l、__::::!::::::::::::::ト、::::!    まずっ。よい時間を連絡してって言われてたの、
       .|::::::!::::::_N ``´ ./, ィ.‐ti'`l::::::::::::: ト、ヽ:i    忘れてたわ)
          l::l::,レ'i´ー_-_   ´ '  じ ' .|::::::::::!::,ト,. i::::!
           '`ー:i イ じ'        〃 ノi::::__ル'ノ /::::i
           |l    ,        ' ´ _.'_/::::::::l
           |:l´´           u.   /i::::::::::::::::::l
           |::ヽ    こ二つ      _/l:::::::::::__l
           ''´ \       ,  _ノ' .,!.'/::::::::::::`ヽ
                  i::..、 _ ,.., ´ /  / ,i:::::::::::::::::::::::::.、
                    ヽ::::::::::〈ヽ./   ./ .i::!:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                丶__;; ',ヽ!  ./ /::|::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /´! i彡i'ヽ./ /:::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::>ヘ
                   i:::::! レ、, ヘ ./:::::::!:::|:::::::::::::::r―rイ __,〉
                   |:::::ヽ/´ |  ∨:::::::: ヽ!:::::::::::::::ヽ..,!´`ヽ、>
                 ヽ//      ヽ:::::::、:::!::::::::::::::::::<_!::::::::::::ヽ
                <  ,   ,.,、| ,..〉:::::::`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
               /``´`ー'  `´l:::::::::::::::::::`ー::、::::::::::::::::::::::::




          }/ノ ._>''::::;::::::::::::::::::::::::::::::::、::::`:ヾー.、 __
        `´.>'//::::::/::::::/::::::::::::::::::::::::::|i:::::::::::::\!ミミ.、
         ///:::::::/::::::/:::::::::::::i:::::::::::::::||!:::::\:::::::\!、}
         ./://::::::::|::::::イ:::::::::::::::|l::::::::::::/!|::::::::::|::::::、:::ヾ'
       ,':::{{::::::::::::!:::::||___||___// |::::::::::|::::::::!::::::i  
       i::::{l:::::::l::::l ̄'i´ 、乃`ヾ    , ><i:::::i::l:::::::l   (でも魔想さんとお話するんだったら、
        |:::::}:::l:::|::::l.  !  辷ノ '      テ、=、`i、ノ::::l:|    春夏さんの調査結果を聞いてからの方がいいのかも。
        |:::::|:::l:::|::小 、、、、         l:'::! l l::::::ヽノ   
        |::::i|:::|:::!:::|::ヽ            '   ゙´ '.::::i:::l     となると、今朝のうちに春夏さんともお話したいし。
        |::::!`ミ_ .小 ヾ、          ```.l::::::!::|    
        |:::|::`ー`_,、` u                 ,'::::/!:,!     ……ど、どうしよう)
        |:::|::::::::i::::|:ヽ        ´ `    /::|へ/
        |:;':::::::::,!:::|:. 丶         /::::::::|
       !'::::::::/:!:::ト、,r、,.、  、  , ....::'i:::::::|::::::|
        /:::::::/::::!:;'    `´ヽ_` ´_!;、::::|:::::::|::::::|
 ,...‐--、,、,':::::::/,又ノ- 、      ,}r',、_{:::/:::::: !::::::!
..'::::::::::::::::ヽ_。 ̄ ̄    `ヽ、  ,.トli<mヾ.':::::::::;'::::/
::::::::::::::::::::::::::`ヽ。       >' !ヽニ='、:::::;':::/__
::::::::::::::::::::::::::::::::`'-、。    /   \-'、' 、 `ヽ<´:::::丶
::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::`´ー、。 /   !  ヽ i \.  ヽ:::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::`/     .レ'  `i     ヽ:::::::::i
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 しまった。志津香に誘拐事件の話もしなければ。一昨日昨日とバタバタしすぎて、ポロポロと抜けがある。

 ともあれ、まずは目の前のことだ。ヒナギクからの誘いを、どうすべきか。

 志津香への連絡は、春夏の話がどうなるかが決まってから、考えよう。



選択肢
 1:この後、春夏と会話する。朝、昼、夕のいずれかの時間を使ってヒナギクと会う
  結果①:『フリーパート:朝』の前に春夏との会話発生。
       ただし、時間の制約があり、【仕事の技術向上】についてと【犯人の話】のどちらかの話題しか話せない。
       話題については、ダイス目により決定する。
  結果②:ヒナギクとの会話がフリーパートのいずれかに強制的に発生する。

 2:朝の時間を使ってヒナギクと会う。春夏との会話は別の機会に回す  
  結果①:『フリーパート:朝』の前にヒナギクとの会話発生。
  結果②:春夏とは、別途フリーパートで選択するか、次の娼婦パートの前後に機会を持つことになる。

 3:ヒナギクと会うは後日に回す。
  結果①:『フリーパート:朝』の前に春夏との会話発生。
       ただし、時間の制約があり、【仕事の技術向上】についてと【犯人の話】のどちらかの話題しか話せない。
       話題については、ダイス目により決定する。
  結果②:ヒナギクとのお話は、後日のフリーパートに発生の可能性が移る。
  結果③:12日目を起算として日数が経過するごとに、
       ヒナギクの内部パラメータ『????』に+影響(+5になると属性として付与される)


 下4の間 1d100を添えて選択。1d100が選択判定値『1d100』に近い選択を採用(雑談除く)
 1又は3が採用の場合、採用されたレスの1d100の値が【偶数の時は仕事の技術向上】について、
 【奇数の時は犯人の話】についてを話題とする。
 選択判定値については時間経過または選択レスが出そろった後に決定する。

1814 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 22:59:51.00 ID:nDZSeBwc

             _,.-―‐―-、_
            ,ィ',.'¨i/i,ィ,i!、!リヾヽ
           ,'::i.、 '´′" `` .ゞ.i
           |::ゝi,.-、   ,-、__i'、.i
           _|/:::;::-:、.  , -、 ゙、|.、   というわけで、今回の投下は以上となります、お疲れ様でした。
          (^,i゙'(   )=(   )'´i^)
          ヾ,|:::::゙ー≠ ヾ:ー'" ,. i'ノ   割に短いパートなのに、やけに時間がかかりました。
            i:`::::...::i " |  ´ ,i
            ヘ;::::、__`_´__, .、メ     ミスや不手際、申し訳ありません。
            i!il:::`¨¨¨¨¨´、/||
            |i!ili!i、.__._.メ"|
            ノi!ili!ili!ili!':::::::,' 'ヘ、
        _,.'ヘ'、´::::::::゙ヽ::::::::: /   `メヘ
     .;'´三三三≡=========≠三三三ヽ.
  _,ィ'"三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ、
  ノ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ヘ

1815 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 23:00:07.60 ID:czvdGSQR

【1D100:89】

1816 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 23:00:31.88 ID:czvdGSQR
あっと、乙ー

1817 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 23:00:36.81 ID:2tRauJZw
1で
技術向上は後回しにしてとにかく今は身の回りの安全と事件解決を目指したい
【1D100:90】

1818 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 23:01:05.69 ID:2tRauJZw
む、おつでしたー


1819 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 23:01:07.43 ID:nDZSeBwc
って、しまった。レスというか、告知が抜けていました……!

_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【システムメッセージ】フリーパートと探索パートの選択について。
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    / ///∧
                / /////∧
               !///////∧─‐=ニ二
             .。s≦!////////∧三三三㍉ュ、       . イ!
            ..:´::::::::::::j//><::::::::::::::::::::::::::::::::::`::㍉ュ、_.。s≦//リ
         /::::::::::::://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:...、/////′
.         /...:::::::::::v゚/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ///
        /::::::::::::::://::::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’/
       .::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::‘,
      .:::::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::: /!::::::::::::::::::::::::::::::‘,
       i:::::::::::::::/:::::/::::::::::::X::::::::::/::::::::::::::::::::::: / .!!:::::::::::::::::i::::::::::::..:,
     .::::::::::::::,':::::/::::::::::::/  ><::::::::::::::::::::: / i:!::::::::::::::::::!::::::::::::i:::,
      i:::::::::::/i:::::,'::::::::::i:::! .ア乞ュ.、>< _.ノ  .:l::::::::::::::::/::::::::::::::!:::i
     .:::::::::::i !::::i::::::::::::!:l !.ん示气¨ヽ   ´  从:::::::::::::/::::::::::::::::∧!
     i::::::::::ハ ヽ! ::::::::::!:!  乂c :::タ         ` ̄ ̄><:::::::リ:i i!
    .::::/::::::∧  \::::::!::! :.:.            ん坏ヽ  /::>':::! !  (……まだ探索の準備が不十分だわ)
    i::/:::::::::::::ヽ  \l从                 弋少 / /:├─ '
     :/:::::::::::::::::::::iー:.              ,    ・ .':::::::!
    ∥::::::::::::::::i::::::|                  .:.:  ::::::::::!
   ∥::::::::::::::::::l::::::!、__ \                イ_./リ
  ∥::::::::::::::::::::!:::::i  oヽ \      __
.  /::::::::::::::::::::::/::::::!     Y__〕iト.    `   .。イ
 /::::::::::::::::::::::/::::::/ ` 、  o∨ .:..... _ .。s≦::::::!
./::::::::::::::::::::::/::::::/     ` 、 ¨ヽ-、:::::::://::::::/
:::::::::::::::::::::::/:::/     .、__`_、 o i.イ-イ::::::/
::::::::::::::::::::::;/    .ィテチニニ三‐=ニ¨}──_'
:::::::::::::::::::イ  .。s≦ニニ ィニニニニニ`_テ´ i
::::::::::::::::::::i.。イニニニニ/ニニニニニニニ’,- 、ト、
::::::::::::::::::; ニニニニニ′ニニニニニニニニ’,ヽ {
:::::::::/:::::; ニニニニニ,  ニニニニニニニニニ::, ‘,i
::::::/:::::::; ニニニニニ′ニニニニr.、ニニニ._ニニ! :,ヽ.
::::/::::::::, ニニニニ/ニニニニニ!:::::<-イ:::}ニ.!、   ∨
:::i::::::::::iニニニニ/ニニニニニ〉:::::::i_ノ:::::∨ l∧  __ Y
:::!::::::::::!ニニニニニニニニニニレ'i´:! >-i'ニV∧-' vソ
::l:::::::::::|ニニニニヽニiニニニニニ〈:/ニニi_〉ニニ}ニ!  ∨
_________________________________________________
≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≪≫≫≪≫≪≫≪≫≪≫
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 瑠璃自身の判断で、12日目は強制的にフリーパートに決定します。

1820 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 23:02:32.42 ID:pLU4Q1w/

2
【1D100:84】


1821 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/08(月) 23:04:12.96 ID:nDZSeBwc

            , -  、
           /ノ_^'^_)ヽ
          rl( )'Y ヽ」   のおおおお……謝罪の傍からミスが……!
          Y、└ ` '/)   
          ヽ`  ̄´ィ    と、ともあれ、今回も見て頂き、また、選択して頂き、ありがとうございました。
         rイ: T`r´‐'l
         /:::レ/ノl, -べヽ、  11日目は色々と激動でしたが、それが今後にどう影響するのか、
        r/:::/;;ソ::::::::::/::::::|  書き手としてもドキドキわくわくです。
       /:::::/;;/:、:::::|':::;:::::::)
   ,-、__ィ/:::::/;;;l:::::`ヽ)'::/--ゝ´  次回は、強制的にフリーパートになります。
  rノ ,  /::::/;;;/::::::::::::Y:::r‐‐、!
  (/ク, //:::::l;;;;;;|::::::::::::::rヘ   ヽ  前にちょっとだけ書いた、瑠璃の判断というやつですね。
      l:::::::|;;;;;|:::::::::::::::::l::::ト、 \rへ_
.      l:::::::ト、;;|:::::::::::::::::::l:::| ヽ _ ヽ_ 申し訳ありませんが、ご了承下さい。
       へ、|ヽ「::::::::::::::::::::l:::l  ヽノフr'´
..      T ヽト-、__-、_」
        |   ',      |       そしてよろしければ、行動選択も、お願いできれば、と思います。
          '.  'l        !
       ヽ、  l      |
        ヽ::  l      |
         {:::::::::',     }
         /:::::::::ヽ    l
      , - へ、__」    }
     (___...、)コ   ハ
            )-'´ ィ
            ,r--' ´/
            |  ̄`ノ
            ヽ '´

1822 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 23:06:24.79 ID:pYL76lj5
乙ー
1,3は春夏さんとの話題選べないから2かな
【1D100:24】

1823 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/08/08(月) 23:46:37.45 ID:wcxnbW+P
乙乙

1824 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/08/09(火) 01:08:21.95 ID:tE7oxOI9
乙です

1825 名前:隔壁内の名無しさん[sage] 投稿日:2016/08/09(火) 02:59:51.98 ID:o12dMxg3
乙でした。

【1D100:71】


1826 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/09(火) 09:14:09.95 ID:KobvBCF1
選択判定値『【1D100:47】』

1827 名前:シュマリ ◆zQrF8VDB4U [] 投稿日:2016/08/09(火) 09:22:10.85 ID:KobvBCF1

            , -  、
           /ノ_^'^_)ヽ
          rl( )'Y ヽ」  一夜あけて、乙、ありがとうございます。
          Y、└ ` '/)
          ヽ`  ̄´ィ   選択判定ダイスにより、>1822さんの選択2に決定しました。
         rイ: T`r´‐'l    選択レス、ありがとうございました。
         /:::レ/ノl, -べヽ、   
        r/:::/;;ソ::::::::::/::::::|  >>1774さん
       /:::::/;;/:、:::::|':::;:::::::)   今回のパラメーターアップで、常連客が一人、つくことになりました。
   ,-、__ィ/:::::/;;;l:::::`ヽ)'::/--ゝ´ マイナス分が減ったので、多少収入が安定します。
  rノ ,  /::::/;;;/::::::::::::Y:::r‐‐、! 
  (/ク, //:::::l;;;;;;|::::::::::::::rヘ   ヽ     >>1801さん
      l:::::::|;;;;;|:::::::::::::::::l::::ト、 \rへ_  ストーカーカウンターでした。
.      l:::::::ト、;;|:::::::::::::::::::l:::| ヽ _ ヽ_  というかスケコマシという単語を当方側はまるきり思いついておらず、
       へ、|ヽ「::::::::::::::::::::l:::l  ヽノフr'´  見た瞬間、笑ってしまいました。そっちでも良かったかもですねぇ。
..      T ヽト-、__-、_」       
        |   ',      |
          '.  'l        !
       ヽ、  l      |    では、次回の流れを構築していきます。
        ヽ::  l      |
         {:::::::::',     }    繰り返しになりますが、ありがとうございました。
         /:::::::::ヽ    l
      , - へ、__」    }
     (___...、)コ   ハ
            )-'´ ィ
            ,r--' ´/
            |  ̄`ノ
            ヽ '´